qrcode.png
http://sunfood.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!

 

サンフード株式会社
兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号
TEL.06-6432-4457
FAX.06-6431-6319
----------------------------

 

ブログ

 

【天下一の味】社長のつぶやき

【天下一の味】社長のつぶやき
フォーム
 
〜天下一の味 レシピ編〜 ≪お醤油風味スパイス Part①≫
2015-01-09

今日も寒かった関西では、昨日同様に突然雨が降ったりする落ち着かない天気の1日になりました。
このまま来週始めまでは日本上空に厳しい寒気団が居座るそうで、せめて成人式だけはスカッと晴れてやって欲しいと思います。


そんな今夜は、大ヒット商品「天下一の味 お醤油風味スパイス」のレシピをご紹介します。
このスパイスのようなシーズニングの世界は、どちらと言うとアメリカナイズされた商品ばっかりって感じです。
だから当社が心掛けたのは、「和」を感じるシーズニングの開発でした。
そこで日本人にとってのソウルフードである醤油をベースにしようという事になり、誕生したのが粉末の醤油と粉末のガーリックを使ったこの「天下一の味 お醤油風味スパイス」です。
だから魚にも肉にも野菜にも合う…まさに万能の調味料なんですよ


では先ず?は、癖になる《スパイス DE 新タマネギ》です。
これは淡路島産のむっちゃ甘い新タマネギを輪切りにし、両面をこんがりフライパンで焼いただけ。
そこにお醤油風味スパイスを振りかければ、タマネギの甘み際立つメッチャ美味しい焼きタマネギの完成です。
別に新タマネギじゃなくても十分に美味しいんですが、春になったら絶対に新タマネギで試して欲しいメニューです
?は、見た目も美しい《スパイス DE 帆立マリネ》です。
これはイタリアンカラーを意識したスゴク簡単な帆立貝のマリネです。
解凍した小さめの帆立貝柱とプティトマトにオリーブオイルとレモン果汁を加え、お醤油風味スパイスを振りかけて混ぜ合わせればOKです。
仕上にネギを散らせば、イタリアンカラーの帆立マリネが完成です。
帆立の甘みとトマトの酸味が粉末醤油で旨くまとまり、白ワインがグイグイ進むメニューなんですよ
このひと皿が加われば、いつもの食卓が少しお洒落に少し豪華になること間違いないですね
?は、意外な組み合わせ《スパイス DE にぎり寿司》です。
ご紹介したように粉末醤油をベースにしたスパイスですから、お寿司との相性もバッチリです。
微かに香るニンニクの風味がいつものお寿司を少し洋風な感じにしてくれて、結構ハマるメニューですよ


今や胡麻どれに次ぐ人気商品となったこの「天下一の味 お醤油風味スパイス」の用途はまだまだ幅広く、我が家の食卓には欠かせない調味料となっています。
ホテルのシェフからも“魔法の粉”と呼ばれご愛顧頂いていますので、ぜひみなさんのご家庭の常備調味料としてご検討頂ければと願う今日この頃です。


サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜天下一の味 レシピ編〜 ≪中華ソース Part①≫
2015-01-08

昨日よりはかなり…と言うほどではなかったですが、やはり予報通り冷え込んだ関西です。
日中は晴れ間に突然雲がかかり、雨がパラついたりして不安定な天気の1日になっています。
この週末の連休もこのまま寒い日々になりそうで、風邪をひかないようにしなくちゃいけませんね。


そんな今夜は、「天下一の味 中華ソース」のオリジナルレシピをご紹介します。
実はその昔、ホテル様向けに冷凍で販売していた当社オリジナルの帆立貝の中華マリネがありました。
それをずっと使って下さっていた某ホテルの総料理長から、このソースだけ売る事は出来ないの?
そう聞かれたのが、この中華ソースが生まれるきっかけとなりました。
それから常温流通に耐えるように改良を重ね、完成したのがこの中華ソースなんですよ。
とにかく目の前のおかずを瞬時に中華風に変えてしまう…私的には魔法のソースと呼んでおります


では先ず?は、上海の朝を思わせる???《中華 DE 卵かけご飯》です。
作り方はいたって簡単、卵かけご飯のお醤油の代わりに中華ソースを廻しかけるだけ!!
あとは豪快に混ぜれば、いつもとは違う胡麻油の香る中華風の卵かけご飯の完成です。
今でも不滅の人気メニューの卵かけご飯に、面白い変化をもたらしてくれますよ
?は、むっちゃ旨い《中華 DE チヂミ》です。
こちらも至って簡単…焼き上げたチヂミを中華ソースで食べるだけ!!
これがビールが止まらん旨さなんです。
ポン酢で食べる人もいると思いますが、少し甘辛の中華ソースを覚えればもうポン酢には戻れませんから
?は、十分なメインディッシュ《中華 DE 唐揚げ》です。
先ずはボールに、中華ソース8にお酢を2の割合で入れてよく混ぜ合わせます。
そこに塩胡椒してカリッと揚げた熱々の唐揚げを放り込んで絡めれば、このウマウマ中華唐揚げが完成です。
この中華ソースの甘辛と酸味が見事に調和して、ご飯にもビールにも・男性にも女性にも・子供にも大人にも…万人受けする唐揚げを堪能出来ますよ


こんな風に、我が家の食卓では日々「天下一の味」たちが大活躍しています。
実際に自分で買って帰って使うからこそ、嘘偽りなく本当に自信を持って美味しいと言えるんだと思います。
自分が美味しいと思えない商品なんて、胸を張って売る事は出来ませんからね


という事で宜しければ私が感じるこの旨さを、ひとりでも多くの方にお試し頂ければと願う今日この頃です

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜天下一の味 レシピ編〜 ≪鯖缶 Part①≫
2015-01-07

昨夜からは少し冷え込み始め、今朝の出勤時の気温は4℃と久々に“サムッ”って感じた関西です。
仕事初めから3日が過ぎて仕事も落ち着き始めて来ましたが、ホテル業界では春から夏に向けてのメニューが決まる大事な時期なので、この落ち着いた時間を有効に使って営業する…実は今がチャンスなんですよ。


そんな今夜は、「天下一の味 鯖缶」を使った炊き込みご飯をご紹介しますね。
先ず?は、美味しそうに炊きあがった《お釜の中の鯖の炊き込みご飯》です。
2〜3合のお米を研いで頂き、そこに「天下一の味 鯖缶」を1缶汁ごと投入し刻み生姜を散らしてスイッチを入れれば、これだけでマジで美味しい鯖の炊き込みご飯が完成です。
この時に水の量を調整しながら少しお酒を加えると、さらに美味しくなりますよ
?は、針生姜を添えた完成した《お茶碗の中の鯖の炊き込みご飯》です。
見るからに美味しそうでしょ
実はコイツが、マジで超旨いんですよ
普通に炊いてもおこげもしっかり出来るし、まさか缶詰で作ったとは誰も思いもしない出来栄えです。
何より、メッチャ簡単にその旨さを体感出来るところが素晴らしいメニューなんです。
?は、残っても旨い《鯖飯にぎり》です。
我が家では余った炊き込みご飯はこんな風におにぎりにしますが、気が付いたら誰かが食べて知らない内になくなっちゃってます
しっかり握っても鯖缶の油分がご飯粒をコーティングしているので、口の中でふんわりとほどけます
冷めても美味しく、お弁当なんかにはピッタリのメニューです。
鯖缶の中に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)がダイエットに効果があると報道され、ここ最近は鯖缶の注目度も鰻登り
そんな身体にもよく美味しい鯖缶を、こりゃあ食べない訳にはいきませんね


ぜひぜひ、この機会に「天下一の味 鯖缶」の旨さを体感して頂きたいと願う今日この頃です

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜天下一の味 レシピ編〜 ≪胡麻ドレッシング Part①≫
2015-01-06

お天気が下り坂だった今日は、朝から冷たい雨が降り注ぐとても寂しげな1日になりました。
雨は夕方には上がりましたが急に冷え込み始め、明日以降はまたグッグッと冷え込む関西になりそうです。


そんな今夜は昨夜に引き続き、当社が手掛ける食材や調味料の調理風景をご紹介していきたいと思います。
今夜は当社の看板商品「天下一の味 胡麻ドレッシング」にスポットを当ててみますね。
有機栽培100%の胡麻だけを使い、胡麻の香りと有機醤油の旨味に三温糖の甘みをプラスした無添加のドレッシングで、今では当社の屋台骨となる自慢のドレッシングなんですよ
では先ず?は、粒マスタードを使った《胡麻どれ DE ハムステーキ》です。
こちらは、当社の看板商品がコラボした私にとっては最上級のメニューです
先ずは「天下一の味 ロースハム」を2センチくらいに分厚くカットし、それをフライパンで焼き上げます。
あとは粒マスタード4に胡麻どれ6の割合で混ぜ合わせて作るゴマスタードソースを添えれば、家で食べられるとは思えないウマウマのハムステーキが完成です。
当社の胡麻どれは酸味が少なくどちらかと云えば胡麻だれに近いのですが、そんな和的な胡麻どれに粒マスタードを加えると一気にフレンチの風が漂うから不思議です
このソースはお肉料理との相性抜群で、ご飯のおかずにもワインにも合う絶品のひと皿になりますよ
?は、我が家の定番《胡麻どれ DE 寄せ鍋》です。
通常はそのだし汁やポン酢で頂きますが、そこに胡麻どれを加えるとクリーミーで濃厚な旨さの胡麻だれが出来上がります。
あとはお好みの具材をくぐらせて食べるだけ…マジで美味しい癖になる旨さです。
またこれだと取り皿を用意するだけでいつもの様にだし汁のままやポン酢でも食べる事が出来るし、その時の気分で食べたい味を選ぶことが出来ます。
ひとつのお鍋でいくつもの味を楽しめるなんて、欲張りな私には最適の組み合わせです
?は、お手軽ウマウマ《胡麻どれ DE 豚ゴマ丼》です。
これは時間がなくガッツリと食べたい時に最適なメニューで、ピーマンと舞茸と一緒に豚肉のこま切れを炒め、別に用意した丼ご飯に麺つゆを廻しかけます。
あとは火を止めたフライパンの中に胡麻どれを加え具材としっかりと絡めたら丼ご飯にONして、最期にかつお節をかければ完成です。
コイツも胡麻の濃厚な旨みが豚肉に絡んで、あっという間に食べ尽くしちゃう丼なんですよ。
組合わせる野菜は何でもいいし、とにかく5分もあれば出来る超簡単ガッツリ丼です


実は胡麻ドレッシングというネーミングだと、サラダにしか使わいというか方がたくさんおられます。
しかし当社の胡麻どれは胡麻風味の調味ベースと考えて頂いて、色んなものと組み合わせて頂くと皆さんオリジナルの旨さに出会えます。
だからそのイメージにとらわれず、皆さんも自分なりの味の探求をして頂ければと思う今日この頃です。


サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜天下一の味 レシピ編〜 ≪カレー味のソース Part①≫
2015-01-05
 

お正月休み明けとなった今日は、年末年始に比べると随分と暖かい1日になった関西です。
毎年この仕事初めには年末に納めさせて頂いた食材で何か問題がなかったか、心配しながら出勤します。
特におせち用食材の事は毎年とても心配になりますが、今年もなんの問題もなかったようでホッとしながらの仕事初めになりました


今年からはこのブログでも、当社が手掛ける食材や調味料の調理風景をご紹介していきたいと思います。
これを見て頂いて「こんな食べ方があったんや…」っていう風に、食事の際のご参考にして頂ければ幸いです。
では第1回目の今夜は、私が愛して止まない「天下一の味 カレー味のソース」の風景です。
このカレー味のソースはソース自体がカレーの味をしていて、目の前の食材にかけるだけで瞬時にカレー味を楽しんで頂けるスグレモノなんですよ
では先ず?は、我が家の定番《カレー DE 納豆ごはん》です。
これを言うとみんなが「ええぇ」と驚かれるんですが、白ごはん+納豆+カレー風味が抜群の相性なんです。
ただ最初は私も自発的にやったメニューではなく、当社に来られたお客様に教えて頂いたメニューなんです。
市販の納豆に付属のタレを加えてよくかき混ぜて、ご飯にのせたらあとはカレー味のソースをお好みで適量かけるだけ!!
これだけでいつもの納豆ごはんが、インドの朝ごはんに変身しちゃいます
納豆の匂いが苦手な方でもこれならお召し上がり頂けるおススメメニューだし、卵黄を加えるとまた違う旨さを体感して頂けますよ
?は、まさかの相性《カレー DE おでん》です。
これはおでん自体の味をカレー味にするのではなく、自分の取り皿に取ってカレー味で食べたい具材にだけカレー味のソースをかければOKです。
こうすれば単調になりがちなおでんも味に変化をつける事が出来るし、私だけひと皿だけいつものおでんが2度美味しく食べられちゃうんですよ
?は、これからにピッタリ《カレー DE 焼き餅》です。
この先はちょくちょくとお正月で余ったお餅を食べる機会がある思いますが、いつもお醤油味じゃあ飽きちゃいますよね。
そんな時にこのカレー味のソースがあれば、ちょいと興味深いメニューとして多くの人が未体験のカレー味の焼き餅を堪能して頂けますよ。
私も昨年末にふと思いついて試しましたが、間違いなくハマる旨さでしたね


これ以外に関西人のソールフードであるたこ焼き&お好み焼き&焼きそばにも合うし、しゃぶしゃぶなんかのお鍋やサラダのドレッシングにも応用して頂けますので、そんな風景はまた追々とご紹介させて頂きますね

さあ2015年のゴングも鳴り、また今日から年末へ向けての商戦が始まりました。
この1年をどんな1年にするかは自分自身の日々の行動の積み重ねだと思いますので、自分の感性を信じつつ時間を大切に使っていきたいと思う今日この頃です。


サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜お正月休み最終日〜 ≪〆は甲山森林公園で…≫
2015-01-04
 

お正月最後の日曜日は、朝から気持ちいい快晴となった関西です。
5連休を頂いた2015年のお正月休みも、遂に今日が最終日となりました。
明日からは春商戦が開幕しますが、休み中に蓄えさせて頂いたパワー全開で新年をスタートさせたいと思う今日この頃です。


そんな今日は朝から新しい相棒を抱え、意気揚々と甲山森林公園へと出掛けました。
ただまだ使い方を把握出来ていない事もあり、暫くは取説片手に操作に悩む日々が続きそうです。
という事で今夜は、お正月休み最後の甲山森林公園の風景をご紹介します。
先ず?は、新しい相棒での初撮り《飛び去るダイサギ》です。
なかよし池に着いた時、ちょうど1羽のダイサギが勢いよく飛び立ちました。
慌てて追い掛けて撮った1枚ですが、運よく良い感じの1枚になりました。
朝陽を浴びながら飛び立っていくダイサギのシルエット…これはかなりお気に入りの1枚になりそうです
?は、飯塚での初撮りで紹介したジョウビタキ♂の相方《ジョウビタキ♀》です。
オスよりは少し地味ではありますが、こちらも紋付き鳥らしく尾羽には白い斑点模様があります。
今の時期は比較的よく見かける野鳥で、メスもこんな風に上品でスゴク可愛いヤツなんですよ。
?は、今は静かに活躍の時を待つ?《ウグイス》です。
撮影した時にはムシクイの仲間かと思いましたが、帰って調べた結果ウグイスだろうと判断しました。
この辺りの種類は鳴き声以外では判別が難しいのですが、全体的に緑がかった体色と黒い嘴でウグイスだと思いましたが…間違えてたらごめんなさい
ウグイスは春の囀りばかりが有名ですが、実は日本で繁殖する留鳥で一年中見る事が出来ます。
春の囀りの時は“声はすれども姿は見えず”で中々カメラでとらえる事が出来ないんですが、今日は藪かぶりとは云え運よく写す事が出来てラッキーでした


さあこうやって今年も甲山の自然に癒されて、新たな気持ちでスタートする事が出来そうです。
昨年からの円安の影響で輸入品の比重が高い食品関係にとっては本当に厳しい1年になるかと思いますが、とにかく直向きに前向きに一歩ずつ進んで行きたいと思っていますので、2015年もどうか宜しくお願い申し上げます。


サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜初ウォーキング〜 ≪甲山森林公園での出会い≫
2015-01-03

今朝こそ冷え込みはしましたが、元旦と昨日の飯塚を比較すると日中は随分暖かく感じた関西です。
そして夕方見たニュースでは、山陽自動車道の至るところで長い渋滞が発生している様子を報じていました。
娘の急病という事で帰りを1日延ばす事も考えましたが、昨日無理をしても帰っといて良かったなぁ〜としみじみと感じています


では今夜は、今年初の甲山森林公園の風景をご紹介します。
先ず?は、私の癒しフィールド《なかよし池越しに見る甲山》です。
昨夜は長旅の疲れで爆睡し目が覚めると既に9時を過ぎていて、慌てて布団から抜け出し今年最初の甲山森林公園へ探鳥ウォーキングに出掛けました。
という事で先ずご紹介したいのが、すっかり冬枯れしちゃっているこのなかよし池と甲山です。
この池越えの甲山は森林公園に行くと必ず立ち寄って眺める風景で、私にすれば心から安らげる大好きな癒しの風景なんです
今年も出来る限り、四季折々のこの風景をご紹介したいと思っています
?は、地元での初撮り《アオサギ》です。
なかよし池に着くと、鋭い眼をして餌を探していたアオサギを発見。
アオサギは今まで何度もご紹介しているので、どうにかして地元での初撮りの1枚らしくしようと思い切ってドアップで撮ってみました
でもこうやってアップで見ると、村山元首相よりも濃く長く太い眉毛をしているように見えますよね。
見ようによっては、望みを捨てずに生き延びる鋭い眼光の落ち武者のようにも見えて来るから不思議です。
?は、この時期の探鳥の常連《シロハラ》です。
とにかく園内に何羽渡って来てるん?って思うほど、至るところで顔を出してくれます。
身体も大きく鳴き声も特徴があるので、すぐに見つける事が出来ます。
きっとご近所の木の根元で枯葉を蹴散らして餌を探しているはずですので、みなさんも家の周りの林の中を探してみて下さいませ

今日はこ
うやって今年初の探鳥ウォーキングを堪能したのですが、途中でまさかのデジカメが壊れるというまさかのハプニングに見舞われました
慌てて電器屋に持ち込むも入院治療が必用と言われ…
私は何をするにもデジカメを常に持ち歩いているので、随分悩みましたが思い切ってもう1台デジカメを買っちゃいました。
実は野鳥を撮るのに前から欲しかったスグレモノがあったので、新年という事もあって思い切っちゃいました。
明日はその新しい相棒を抱えて探鳥に行くのが、今から楽しみでならない今日この頃です。


サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜大荒れの天候の西日本〜 ≪まさかのひとり旅???≫
2015-01-02

昨日に引き続き、今日も朝から雪模様となった飯塚市
深々と舞う雪に凍える寒さ…思わずここは九州?と考えてしまうような1日が始まりました。


実はそんな中で深夜に娘が体調を崩し、実家はひと晩中バタつく夜になりました
という事で、朝一であの麻生太郎副総理の麻生グループが経営される飯塚病院の救命救急センターへ連れて行きましたが、結果は急性胃腸炎という事でした
この辺りから熱も出始め苦しそうな娘を見て、車で3人で帰る事を断念しました。
そこで奥さまと娘の新幹線のチケットを確保し、私だけで自宅までのひとり旅になりました。


では今夜は、そんなひとり旅の風景をご紹介します。
先ず?は、我が家に新年の始まりを告げる《関門橋》です。
これは九州自動車道の上り線のめかりサービスエリアからみた関門橋で、この風景を見ると我が家の新年が始まります。
この橋を渡るとお正月が終り、新しい年の日常の時間が始まります。
今日はひとりで見るという寂しい風景でしたが、これで新年への新たな気持ちのスイッチがはいりましたね
?は、広島東インターを過ぎた辺りで遭遇した《突然の吹雪》です。
出発した頃の飯塚市はかなりの雪が降っていて、博多に抜ける峠はチェーン規制が掛かりバイパスは事故で通行止めになっていました。
そこで奥さまと娘を近場の新飯塚駅で降ろし、九州道の八幡インターから関西に向かいました。
山口県内から広島インターくらいまでは飯塚の雪が嘘みたいに天気も良く順調に進みましたが、広島東インターを過ぎた辺りから激しい雪となり、見る見るうちに道路も白くなっていきます
当然ながら周りの車もスピードが落ち、掲示板を見ると福山の先の鴨方インターを付近を先頭にまさかの30キロの渋滞表示が…
気合でその渋滞を乗り切りましたが、その後も倉敷で15キロや吉備サービスエリアでも10キロという数字が並びマジで嫌になっちゃいました

?は、かなり遅めの今日のランチ《肉味噌チャーシュー麺》です。
山陽道の渋滞に嫌気がさし、かなりの大廻りにはなりますが岡山道⇒中国自動車道でのルートをチョイス!
とにかく渋滞だけじゃなくどのサービスエリアも駐車スペースが確保出来ないくらいの盛況ぶりで、それもあって空いている岡山道からのこの迂回路をチョイスしました。
これはそんな岡山道の高梁サービスエリアで、ようやくありつけたランチです。
調理のオバちゃん一押しという事で迷わず選びましたが、コク旨で身体の芯からポカポカする辛みの美味しいラーメンでしたよ


このあとは冬用タイヤ規制の中国道をひた走り、9時過ぎにようやく帰宅出来ました。
かなり疲れたひとり旅でしたが、これも良い経験だろうし後で良い思い出になると思います。
そして明日の関西の天気も荒れるみたいですが、とにかく甲山森林公園へ初のウォーキングに行きたいと思う今日この頃です。

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜明けましておめでとうございます〜 ≪凍える寒さの中で迎えた2015年≫
2015-01-01

新年明けましておめでとうございます。
全国的に雪の影響が色濃い元旦になったようですが、奥さまの実家がある福岡県飯塚市も例外ではなく、起きて雨戸を開けると庭に停めた車には雪がしっかりと積もっていました。
だから今日は日中の寒さもハンパなく、身体の芯から冷える1日になりました


ではそんな今夜の?は、《雪をかぶった奥さまの愛車》です。
確かに昨夜は冷え込み、また夜通し窓の外では激しい風の音がしていました。
すると朝になって窓の外を見ると庭に停めていた車は雪をかぶり、家の周りも銀世界になっていました。
ニュースでは各地の積雪の様子も報道され、年末の予報通りお正月三が日は大荒れの日本列島って感じです。
家で留守番している息子からも西宮でも雪が積もっていると写メが届いていて、スタッドレスを履いているとはいえ明日帰れるんかな〜とかなり不安を抱えながらこのブログを書いています
?は、お正月の食卓を飾った《和洋中3段重のおせち料理》です。
こちらは当社がお世話になっている「ザ クラウンパレス新阪急高知」さんのおせち料理で、ここ5年は毎年こちらのおせちでお正月が始まります。
日本料理・西洋料理・中国料理と全てホテルの直営で、それぞれのシェフの渾身のメニューが詰まっています。
毎年メニューが変わり、私が提案させて頂く商品を数多くご採用して頂いているという事もあって、私も家族もいつも楽しみにしています。
今年もお爺ちゃんお婆ちゃんと義弟と一緒にに、6人で美味しく頂きました
?は、今年の初撮り《ジョウビタキ♂》です。
飯塚市には“水鳥の楽園”と呼ばれる勝盛公園という大きな公園があります。
園内にある大きな池を囲むように遊歩道も整備されていて、きっと何かに出会えると期待して行ってみました。
残念ながら期待した水鳥には出会えませんでしたが、運よくこのジョウビタキの♂に出会いました。
寒風吹きすさぶ中でしたが、5分ほど付かず離れずで遊んでくれました。
このジョウビタキは冬鳥としてこの時期に亘って来る野鳥の中でも、すごく美しい野鳥だと言われる一種です。
そして黒い尾羽の中にある白い斑点模様が紋付きに見える事から紋付き鳥と呼ばれ、すごく縁起のいい野鳥だと言われているんですよ
そういう意味でも2015年の初撮りの相手にしては、これは文句ない1枚になりましたね

では今年もこんな風に私、が出会った“風景”“食”“生き物”を中心に取り留めもなく綴っていきたいと思いますので、「サンフード株式会社」「天下一の味」共々このブログもどうか宜しくお願い申し上げます。

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
〜九州で迎える大晦日〜
2014-12-31

今年は2年ぶりに奥さまの実家でのお正月を過ごす為、9時半に家を出て山陽自動車〜中国自動車道〜九州自動車道を走り夕方の5時半に到着しました。
山口県辺りでは激しい雨が降りましたが、それ以外は渋滞もなくもの凄く順調な帰省となりました。


では今夜は、そんな大晦日の風景をご紹介します。
先ず?は、親父としても驚きの《高速を運転する娘》です。
山陽自動車の吉備SAから福山SAまでの50キロを、高速初体験という娘に運転させてみました。
おっかなびっくり感満載の50キロでしたが、気が付けば家族4人みんなが運転出来るようになってる事にただ驚くばかりです。
?は、今年最期の外食となった《タコ天丼》です。
これは山陽自動車の小谷SAに立ち寄った際に、遅めのランチでチョイスしたメニューです。
せっかくの広島エリアという事で牡蠣関係を食べようと思いましたが先に娘が牡蠣とじ丼をチョイスすしたので、次の候補のタコ天丼をチョイスしました。
少々衣が多いような気もしましたが、予想以上にタコの旨みを十分に感じる美味しい丼でしたね
?は、我が家の今年の終わりを告げる《関門橋》です。
奥さまの実家に来る度に、この関門橋が見える壇ノ浦SAに立ち寄ります。
ここから関門橋を眺める時、いつも今年1年が無事に終わった事を改めて感じます。
苦しい事やツラい事から楽しい事まで、この橋を渡ればリセットされるような気がする…私的にはそんな思いを抱く風景なんですよ。


振り返れば今年もたくさんの人に支えられた1年で、今は改めて感謝の気持ちで振り返っています。
来年は食品業界にとっては黒船のような円安の影響で厳しい1年になりそうですが、どうか「サンフード株式会社」と「天下一の味」を宜しくお願い申し上げます。


サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

<<サンフード株式会社>> 〒661-0046 兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号 TEL:06-6432-4457 FAX:06-6431-6319