qrcode.png
http://sunfood.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!

 

サンフード株式会社
兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号
TEL.06-6432-4457
FAX.06-6431-6319
----------------------------

 

ブログ

 

【天下一の味】社長のつぶやき

【天下一の味】社長のつぶやき
フォーム
 
~ホテル日航大阪~ ≪シェフ槇谷嗣雅の北海道の食材を使って…≫
2015-01-30
昨夜からの雨が残った今朝の広島は、冷たい雨の朝になりました
行き交う人もかなりの防寒対策をしている感じで、週初めの暖かさが嘘のように感じます。
 
そんな今日は、お昼に大変お世話になっている「ホテル日航大阪」さんで開催された≪第5回レ・セレブリテの賞味会≫に参加して来ました。
以前にもご紹介させて頂いたことがりますが、こちらのホテルでは各レストランや宴会調理の若手シェフによる賞味会が定期的にランチタイムを活用して開催されています。
今日はバイキングレストラン「セリーナ」の槇谷シェフが担当され、メインダイニグの「レ・セレブリテ」にて≪シェフ槇谷嗣雅の北海道の食材を使って…≫と題して美味しいメニューの数々を堪能させて下さいました。
では先ず今夜の①は、新幹線の車窓から見た《広島の雪景色》です。
今朝は9時過ぎの新幹線で広島を離れ、賞味会のある心斎橋へと向かいました。
広島駅を出て程なくすると車窓には雪景色が広がり始め、福山の手前まではスッとこんな感じの銀世界が続きました。
最終的には山陽新幹線もこの雪の影響で5分以上遅れるほどで、今日の寒さを実感させられましたね
②は、賞味会のメニューから《小さなおつまみ》です。
こちらは香草パン粉で揚げ焼きされた仔羊のクロケットだそうで、噛みしめるとラムの旨みが詰まった肉汁が溢れだす肉々しさで、インパクトがあって美味しい始まりのひと皿でした
添えられた生ハムを巻き込んだ少し甘めのシガールも美味しくて、お昼という事でワインが飲めないのが悔やまれましたね
③は、見た目も美しいスープ《北海道産帆立貝のタルタル コンソメスープと共に》です。
甘みあるホタテが冷製のコンソメでマリネされているような仕上がりで、ホタテの甘みとコク深いコンソメの旨みが絶妙に絡んだひと皿です。
これはコンソメが大好きな私にはどストライクど真ん中の旨さで、ここ最近食べたスープ系の中ではピカイチでしたね
 
そしてこの後には昨夜に続いてエゾ鹿まで堪能し、ランチとは思えない贅沢なひと時となりました。
そんな美味しい続編は、また後日ご紹介させて頂きますね。
 
これで今週の美食行脚は幕を閉じましたが、来週もまだまだ外食が続きます。
今回の出張でも間違いなく体重は増えているはずなので、今夜はお茶漬けサラサラ程度にしないといけないかなぁ~と感じる今日この頃です
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~リーガロイヤルホテル広島~ ≪第2回美食の夕べ≫
2015-01-31
今朝起きてホテルのカーテンを開けると、晴れ間はあるものの薄い雲に覆われた岡山でした
晴れの国と言われる岡山なんで眩いをイメージしていたので、少しばかり残念な結果でしたね

そんな今夜は、お世話になってる「リーガロイヤルホテル広島」さんにて、第2回の多田隈総料理長の賞味会に参加して来ました。
多田隈総料理長が繰り出される真冬の広島の海と山の幸を使った美味しいメニューの数々に、今夜も飲み過ぎ警報が発令されちゃいましたね

では今夜の①は、目に飛び込んできた《非日常の空間》です。
32階でエレベーターを降りると、ホワイエでトップライトに照らされた生花たちがお出迎えをしてくれました。
こんなワンシーンが、今宵のひと時を非日常のひと時へと変えてくれる瞬間ですよね
そして奥の窓からは広島の夜景をひとり占め出来て、広島のランドマークタワーであるリーガロイヤルホテルさんならではひと時です。
②は、待合いに用意されていた《グジェールと今宵の泡々:ローラン・ペリエ ブリュットL・P》です。
これは今宵の主役:多田隈総料理長がパリの「タイユバン」で修業された際の思い出のひと品のグジェールと、英国のウィリアム王子とキャサリン妃の披露宴の乾杯に使用されたと云う大変有名なシャンパーニュがコラボしたひとコマです。
これだけで否が応にも気分が高揚し、これから登場する美食たちに期待の高まる瞬間でしたね
③は、今宵のアミューズ《春の訪れ白魚の型焼きキャビアとブールブランソース》です。
白魚のタンバル仕立ては見た目にも美しく、潮の香りを感じながら頂けるとても優しい味わいの美味しいひと皿でしたよ
ラディッシュの清涼感と添えられたキャビアがいいアシストをしていて、本当に春の訪れを感じながら頂く事が出来ました。
 
この後にも素晴らしい美食を堪能させて頂きましたので、この続きはまた後日ご紹介しますね
 
そして今宵は2次会で久々の広島の繁華街・流川へ繰り出し、冷たい雨が降る中でしたが素敵な創作ビストロを紹介して頂いて、いつもにも増してとても有意義な広島の夜になりました。
 
という事で今宵は少々酔っぱらっいながらのブログですが、楽しく美味しかった広島の夜に感謝しながら眠りにつきたいと思う今日この頃です
 
サンフード株式会社代表取締役 山竹順文
 
~ラヴィ-ル岡山~ ≪全日本司厨士協会 岡山県本部 新年互礼会≫ 
2015-01-28
昨日とは打って変わり快晴となった関西ですが、気温はグッと下がって今朝は吐く息が白くなる厳しい寒さとなりました。
最低気温も最高気温も昨日よりは7℃も低いらしいので、みなさんも身体をついて行かせるのに必死ですよね。
 
そんな今夜は、JR岡山駅前にあるウェディング施設「ラヴィ-ル岡山」さんにて≪全日本司厨士協会 岡山県本部 2015年新年互礼会≫が開催されました。
このJR岡山駅には昨年末に巨大なイオンモールが開業しており、岡山駅前の人流れも大きく変わりつつあります。
どこの街もそうですが、大手企業がその圧倒的なパワーで人の流れを変えてしまう…これが良いのか悪いのか、混み合う駅前の雑踏を見ながらしばし考えさせられましたね
 
ではそんな今夜は、今宵のメニューから3種の冷製オードブルをご紹介します。
先ず①は、《海の幸と果物のマリネ フランボワーズヴィネガー風味》です。
鰆のたたきにイカにホッキ貝&サーモンに、オレンジにグレープフルーツ・イチゴにトマトなんかの果実が並ぶ見た目にも美しい彩りも鮮やかなひと皿です。
フランボワーズヴィネガーの爽やかな酸味と、果物のナチュラルな甘みや旨みが魚介の旨さをひきたてて、ワインが進む美味しいメニューでしたね
②は、《イベリコ豚・肩ロースのハム 春の装い》です。
ハムの販売を生業にする私的には大変興味を掻き立てられ、乾杯の後に最初に取りに行ったメニューです。
綺麗に発色している事からしておそらくは自家製ではなく、どこかのメーカーさんが作られているって感じの仕上がりです。
悔しいけど脂の甘味も感じるし、中々のクオリティの仕上がりでした。
ちょっとこれは当社もチャレンジしなくては…そんな風に思わされたひと皿でしたね
③は、《鴨の炙りとコンフィ 根菜のサラダ仕立て》です。
やわらかく仕上げられた鴨胸身のコンフィの表面は香ばしく炙られ、ゴボウに人参・ペコロスなんかの根菜に豆やマイクロトマトが添えられたこちらも美味しいメニューでした。
この歳になって本当に感じるのは、野菜の滋味深さと旨さです。
大地の栄養をその体に取り入れた野菜たちこそ、究極の美食素材なのかも知れません。
特に今日のゴボウの旨さと鴨肉の相性は抜群で、シェフのセンスを感じたメニューでしたね
 
これ以外にも美味しいメニューを堪能させて頂いていますので、この続きはまた後日ご紹介させて頂きますね
 
私も20年以上前には現役の営業マンとしてこの岡山エリアを担当していただけに、今宵もとても懐かしいシェフの面々ともお会いする事が出来て大変有意義な岡山の夜になりました。
そして明日はお隣の広島で、今年初の賞味会に参加します。
冬の瀬戸内の美味がどんなメニューで登場するか???
乞うご期待です!!

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~新大阪江坂東急イン~ ≪賀詞交歓会≫  
2015-01-27
昨夜の雨は今朝には上がっていましたが、終日曇り気味の1日になりました。
今朝の出勤時の気温は9℃と温かく、このまま暖かくなるかと思いきや明日からはまたグッと冷え込むみたいで、インフルエンザが流行る中で体調の管理にはマジで気を付けないといけない感じです。
 
そんな今夜は、ホテル部門でお世話になっている「新大阪江坂東急イン」さんの賀詞交歓会に参加して来ました。
こちらは全国にある東急インの中では最大クラスの施設で、昨年リニューアルされたという宴会場もスゴク綺麗にお洒落に変身していました。
では今夜の①は、懇親会のメニューから《スモーク・ド・ワインポーク》です。
実はこれは当社のヒット商品で、豚の肩ロース部分を白ワインやシェリー酒を使った調味液に漬け込んでからスモーク&ボイルして仕上げています。
普通のロースハムとは味わいも香りも違い、お酒に合う新しいタイプのハムなんですよ
こうやってスライスするだけでも美味しいですが、これを1本丸ごとオーブンで焼くとむちゃくちゃ旨いローストハムにもなるんですよ
②は、《くんちゃまベーコンのグリル》です。
実はこのベーコンも当社が納めさせて頂いたのですが、沖縄で作られた豚トロ部分を含んだ首の付け根部分の肉を使ったベーコンなんです。
沖縄の豚肉加工業界ではこの部位をくんちゃまと呼ぶらしく、通常のベーコンと比べても特有の食感を楽しめるし、肉と脂のバランスも良く本当に美味しいヤツなんです。
沖縄では、よくこれを使ってチャンプルーなんかも作るそうですよ。
今宵は春キャベツと共に登場し、キャベツの甘みにくんちゃまの塩味と旨みが混じりあった美味しいひと皿でしたね
③は、クラシカルなひと皿《牛頬肉のパルマンティエ》です。
パルマンティエとはジャガイモをフランスの風土に合うように改良したフランスの農学者の名前だそうで、このメニューが付けられた料理には必ずジャガイモが使われます。
今日はやわらく煮込まれた牛頬肉の上に、ガトー仕立てのようにマッシュポテトが添えられていました。
とても懐かしい感じのする料理ですが、だからこそ今の時代には新鮮な印象を持ちました。
まさに“懐かしいが新しい”って感じで、とても嬉しいメニューでしたよ
 
こうやって今週2日目の外食が終わり、明日からは岡山~広島と美食めぐりが待っています。
真冬の中国路でどんな美味しいメニューに出会えるのか?
乞うご期待です!!
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~シェラトン都ホテル大阪~≪全日本司厨士協会 大阪府 新年賀詞交歓会≫  
2015-01-26
曇り空で始まった関西ですが、お昼過ぎから降り始めた雨は久々に本降りの雨になりました。
週初めがどんよりした空模様だと気分的にはパッとしませんが、来週にはもう2月になっていると思うとそんな事を言っている場合じゃないですよね。
 
そんな今夜は、当社も大変お世話になっている「シェラトン都ホテル大阪」さんにて≪全日本司厨士協会・大阪府本部 新年賀詞交歓会≫が開催されました。
今宵もたくさんのシェフの方々が集われ、都ホテルさんの贅を尽くしたお料理の数々に笑顔で舌鼓を打ちました。

では今夜は、そんな懇親会の風景からご紹介しますね
先ず①は、1枚だけ撮れた《オードブルコーナー》です。
昨今は衛
生的な観点から、ホテルの宴会では乾杯が終わるまで料理は必ずラップなどで覆われていて、手付かずの状態の綺麗なままの写真を撮ることがとても難しくなっています。
今日も撮れたのはこれ1枚だけだったんですが、美味しそうな生春巻きにイベリコ豚の生ハムのフルーツ巻&ローストビーフが並んでいました。
こんなに綺麗に盛りつけられていますが、この後はあっという間にその美しさは消えていましたね。
②は、今夜のメイン《宮城県産漢方和牛の鉄板焼き》です。
こちらのシェラトン都ホテルさんは東北産の食材の使用推進を行なわれていて、今夜は私も初体験の宮城が生んだ漢方和牛のリブロースが用意されていました。
これは宮城県の関村牧場にて“食べて健康になれる牛肉”をテーマに育てられた和牛らしく、黒毛と赤毛を掛けあわせ互いの良いところだけを備え持つ肉牛として育てられたそうです。
そしてこの漢方和牛の由来は、肥育期間の最後の8カ月に14種類の漢方を飼料に加えて育てる事から来ているそうです。
確かにただやわらかいだけでなく噛むほどに滲み出る旨みを感じ、霜降神話もそろそろ終わり???を感じる美味しい和牛でした
③は、〆に行列が出来ていた《汁そば》です。
中華の方が担当されていたラーメンですが、透き通った旨みたっぷりの上湯スープに刻んだ焼き豚とほうれん草が食欲をそそります。
見てみて食べてみて、みんなが並ぶ意味がよく分かる美味しさでしたね
 
これ以外にもたくさんの美食たちを堪能し、今夜もお腹いっぱいでの帰宅です
今週は金曜日までずっとこんな感じで外食が続きますので、間違いなく体重&体脂肪増加ウィークになりそうで少しばかり頭が痛い今日この頃です。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~2月も最後の休日~  
2015-01-25
昨夜はセールの疲れからか、11時には落ちるように寝ちゃいました。
お陰様で今朝はスッキリと目が覚めていつもの様に甲山へ…は行かず、朝から昨日やり残したパソコンワークに勤しみました。
実は当社から歩いて10分くらいの武庫川の河川敷に「チフチャフ」という珍鳥が来ているそうで、先日はテレビのニュースでも報じられたみたいです
そんなに近くにいるのなら、探鳥オヤジとしては見ない訳にはいかないですよね。
だから先に仕事を片付けて、電車とバスを乗り継いで会社近くまで時間を気にせずに見に行こうと思っていたんですが…
仕事を片付けてお昼を食べてテレビ見ていると段々と邪魔くさくなって来て、結局は午後から甲山森林公園へ行ってお茶を濁しちゃいました
 
という事で今夜は、そんなちょいダラの休日の風景をご紹介します。
先ず①は、自宅近くに掲示されていた《兵庫県議補欠選挙のポスター》です。
実はこれ、あの号泣県議“ののちゃん”が辞職したことに伴う補欠選挙のポスターです。
西宮に縁もゆかりもなかった人の為に、私たち西宮市民が投票所に行くというのも如何なものかと思いながらも投票には行って来ました。
とにかく今日選ばれし県議さんは、ちゃんと仕事をして下さいませ
②は、初めて撮影出来た《ベニマシコ♀》です。
ベニマシコは夏の間は東北から北海道で暮らし、冬になると本州以南にやって来る国内型の冬鳥です。
実はオスは名前通りに顔からお腹にかけて紅赤色をしていて、他にはあまりいない感じの特徴的で綺麗な野鳥なんですよ。
実は我が癒しフィールドのなかよし池界隈は、冬場はこのベニマシコの登場スポットなんです。
ただここにいる時には探鳥オヤジたちのカメラがずらっと並びますが、ここ最近は誰もいないのですっかりいないものと思っていました。
オスを見つける事は出来ませんでしたが、メスで枝被りであっても私にとってはメッチャ嬉しい1枚になりましたね
③は、いつもとは違う《夕刻のなかよし池》です。
朝のウォーキングの時には甲山を朝陽が照らしますが、夕方は甲山の後ろに太陽が沈んで行くんですね。
風もなかった今日は池面も揺るがず、沈みゆく太陽を鏡の如く映し出していました。
いつもの景色も時間が少し違うだけで、こんなにも表情が変わるもんなんですね
 
今日は予定通りの休日にはならず少々ダラダラした感もありましたが、選挙権も行使したしベニマシコも撮ることが出来た充実した休日に感謝です
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~2015年・最初の店頭セール~
2015-01-24
今日は、2015年最初の店頭セールを開催しました。
出勤時の気温は2℃とかなり寒い感じではありましたが、お昼には12月のあの極寒の店頭セールに比べると随分救われる感じの気候になった関西です。
 
ただ毎年そうなんですが、どうも店頭セールの初売りはいつも不安が先に立ってしまいます。
だから今日もドキドキとワクワクが交錯する中での開店準備でしたがが、開店の30分前には何組かのお客様がご来店下さり先ずはホッとひと息です
するとあとはもう次から次へとお客さまがお越し下さり、休む間もない充実した初売りになりました。
「案ずるより産むが易し」
まさにその通りで、結果的には1月の最高売上も記録する事が出来ました
ご来店くださったお客様には、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

次回は2月14日の開催となりますが、今日にも増して精一杯の準備をして皆さまをお迎えしたいと思いますので、どうかこれからもよろしくお願い申し上げます<m(__)m>
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~天下一の味 レシピ編~ ≪柚子みつ Part①≫
2015-01-23
昨夜の雨は午前中まで残りましたが、昼からは青空が見え始めました。
ただ少し風があったせいか、昨日よりは肌寒く感じた関西です。
 
そんな今夜は、「天下一の味 柚子みつ」の簡単レシピをご紹介します。
この柚子みつは精製ハチミツとアカシアのハチミツをブレンドし、自然豊かな鹿児島県曽於市で収穫された柚子果汁だけを加えた無添加商品です。
九州一の栽培面積を誇る曽於市の柚子は11月の1ヶ月間で約1年分の柚子を収穫し、それを丁寧に絞った果汁がこの柚子みつの大切な原料になります。
上品なハチミツの甘みと香り立つ柚子果汁のデュエットが生んだ…まさに「天下一の味」という当社自慢の逸品です。
 
では先ず①は、当社に来客がある時にお出しする《柚子ダージリン》です。
この柚子みつは柚子果汁入りのハチミツなので、ドリンクにする際には5倍程度に希釈して飲んでいただきます。
そしてこの柚子みつは紅茶との相性が抜群で、これさえあればレモンも砂糖も必要なしで柚子香る美味しい紅茶を堪能して頂けますよ
②は、こちらも簡単《柚子ミルク》です。
これは牛乳にお好みの量の柚子みつを加えて混ぜるだけ…それだけでいつもの牛乳が爽やかな甘みの柚子ミルクに変身します。
冷たくても温かくても美味しく、牛乳が苦手な方でもきっと美味しいと感じて頂けると思います
③は、おすすめメニュー《柚子トースト》です。
焼き上げたトーストにバターを塗って、あとは柚子みつをそのまま廻しかけるだけ!!
ジャムの代わりにこの柚子みつを使って頂くって感じで、マジでこれだけで朝から幸せな気分になれちゃいますよ
 
インフルエンザが大流行する昨今ですが、この柚子みつを使った温かい飲み物を飲んでいただくだけで、のどのイガイガが和らぐような優しい甘さと爽やかな香りを味わって頂けます。
明日は今年最初の店頭セールを開催しますが、ウエルカムドリンクには午後の紅茶で作る柚子紅茶をご用意していますので、お近くの方は是非ともお立ち寄り下さいませ。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~レストラン ジャルダン~ ≪ジャルダン会新年会②≫
2015-01-22
今日は朝からずっと雨模様で、気持ちがパッとしない1日になりました。
雨は生きとし生けるものにとっては大切な自然の恵みですが、冬の雨はスゴク暗い感じがして気分が晴れないから好きではありません
 
そんな今夜は、先日参加させて頂いた福井県のフレンチレストラン「ジャルダン」さんでの美食の続編をご紹介します。
先ず①は、冬のジャルダンさんの定番メニュー《的矢牡蠣とほうれん草のグラタン 西京味噌風味》です。
牡蠣と云えば広島という印象がありますが、関西人からするとやはりこの的矢の牡蠣が有名です。
伊勢志摩・的矢湾の豊富なプランクトンで育つ牡蠣は1年貝と言われ、他の産地では2~3年で出荷される牡蠣が1年で出荷されます。
その為に渋味のない甘みの強い牡蠣として、高額で取引される美味しい牡蠣なんですよ。
そんな牡蠣を相性抜群のほうれん草とベーコンと共にグラタンに仕立て、西京味噌のアクセントが効いたウマウマのひと皿です
その横にはフレッシュなトマトソースに載せられた牡蠣フライが添えられて、冬の海の味覚の王様を堪能させて頂きましたよ
②は、この夜のメイン《牛フィレ肉の炭火焼 赤ワインソース 仔牛の胸腺肉 きのこと共に》です。
香ばしい香りを纏った柔らかな牛フィレに、濃厚な旨みの赤ワインソースがベストな組み合わせです。
これぞフレンチって叫びたくなるほど旨いこのソース、ソースを味わうというフレンチの真髄を感じる私が知る中ではトップ3に入る旨さなんですよ
この夜は久々に頂くリードヴォーまで添えられていて、ワインを飲み過ぎるメインでしたね
③は、女性が大喜びの可愛いデザート《デコポン・ア・ラ・モード》です。
くり貫かれたデコポンにはその瑞々しい果実とイチゴにブルーベリーが添えられ、ハチミツのアイス&カシスのソルベが詰められています。
この夜は6人テーブルで男は私だけというまさかの配席でしたが、とにかく5人のおばさまたちも絶賛される美味しいデザートでしたよ
 
こちらの黒味総料理長はあのフレンチの鉄人石鍋シェフの師としても有名で、基本がしっかりとしたクラシカルで重厚なフレンチを提供して下さいます。
皆さんも福井に行かれる事があれば、ぜひともおススメしたいレストランです
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~夢前(ゆめさき)夢工房~ ≪農家ランチを堪能した休日≫
2015-01-21
今朝はグッと冷え込みましたが、日中は今日も10℃を超える暖かく感じる1日でした。
ただ夜から天気は下り坂で、明日はもっと暖かい雨の1日になるようです。
 
そんな今夜は、日曜日に頂いた農家ランチの風景をご紹介します。
この日は朝早く夙川沿いのウォーキングに出掛けたので、お昼前から美味しい野菜を求めて姫路の北部にある夢前町の「夢工房」さんまで行って来ました。
ここは農業体験施設である夢やかた内にあるレストランで、この夢前町で採れた野菜をたっぷり使ったランチを楽しめるお店です。
ではそんな今夜の①は、前菜として登場した《新じゃが熱々ポテトと地産の素材たち》です。
真っ黒なお皿にはセンス良く食材が並んでします。
左から蒟蒻の含め煮・鴨ロース・赤蕪の酢漬け・姫路ネギの酢みそ和え・イワシの生姜煮・瓢箪カボチャ・イチゴと並び、手前には揚げたてのホクホクじゃが芋にカレー風味の塩が添えられています。
どれもこれも素材の味を生かしつつも丁寧な仕事で調理されていて、期待を裏切らない始まりのひと皿です。
②は、この日のお魚料理《鯛のかぶら蒸し 夢工房甘いほうれん草 銀餡 わさび》です。
ジューシーに蒸し上げられた鯛の上にはたっぷりの野菜餡がかかっていますが、これがダシの効いためちゃ旨の餡で、最後の一滴まですくい取りたい旨さでした
添えられた柚子の香りが良いアクセントで、京都の料亭で頂いているような美味しいひと皿でしたね
③は、この日のメイン《霜降りロールキャベツ 和風あっさり仕立て》です。
甘くやわらかなロールキャベツの中には、旨みたっぷりの兵庫名産のブランドポーク“桃色吐息”のミンチが詰まっています。
ここに甘めのお味噌がたっぷりと添えられ、これぞ和風ロールキャベツ!!って感じの美味しいひと皿でした。
これ以外にも柚子味噌が添えられた大根や自家製のお蕎麦、夢前産の炊き立てご飯にたくさんのイチゴが添えられた淡路産ライムのケーキのデザート等々、どれも本当に美味しい地産地消メニューばかりでした。
これで2000円ポッキリなんですから、わざわざこんな山の中まで食べに行く価値があるレストランだと思います。
売店にはメニューにも使われている野菜やお米&果物も売られていて、当然ながらたっぷりと買い込んでの帰宅となりました。

若い頃は野菜が大嫌いだった私が、片道80キロも走って野菜を食べに・買いに行く時代が来るなんて、あの日の自分が見たらきっと腰を抜かすと思う今日この頃です
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
<<サンフード株式会社>> 〒661-0046 兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号 TEL:06-6432-4457 FAX:06-6431-6319