qrcode.png
http://sunfood.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!

 

サンフード株式会社
兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号
TEL.06-6432-4457
FAX.06-6431-6319
----------------------------

 

ブログ

 

【天下一の味】社長のつぶやき

【天下一の味】社長のつぶやき
フォーム
 
~ユアーズホテルフクイ~ ≪柴山洋規氏 受賞記念祝賀会≫
2015-02-09
昨夜から今朝にかけては我が家の辺りもググッと冷え込み、出勤時の車の気温計は-1℃を表示していました。
ただ空は見事な快晴で、いい感じで1週間をスタート出来ました。
 
そんな今日は、午後3時から福井の「ユアーズホテルフクイ」さんで行なわれる祝賀会に参加する為に車で会社を出発しました。
北陸という事で雪の影響も加味して少し早めに出ましたが、まさか大雪警報が発令されてこの冬一番の寒波に覆われているとは露知らず…
名神を走って北陸道が近づくと、北陸道全線に“チェーン規制”の表示が…
チェーンなんか持ってないのにぃ~スタッドレスタイヤではだめなのぉ~と心の中で叫びながら意を決して北陸道に突入

という事で今夜は、そんな北陸路と祝賀会の風景をご紹介します。
先ず①は、《雪国と化した北陸道》です。
今までそこそこの雪景色の中を走ったことはありますが、路面も凍り付き横殴りの風で雪が舞う風景には正直ビビりまくりましたね
これが高速の上だなんて、私からしたら嘘みたいな感じです。
ただ今までは感じた事がなかったスタッドレスタイヤの効能を初めて体感して、そういう意味では大変勉強になった北陸路です。
②は、本日の主役《柴山総料理長》です。
長年に亘り福井の西洋料理の普及発展や後進の育成・食育活動を積極的に行われてきた事が評価され、調理制度功労者として福井県知事表彰を受章されました。
たくさんのシェフや取引企業が参加され、美味しく和やかな雰囲気の楽しい祝賀会でした。
この4月からは同じく福井市内にある「ホテルフジタ福井」さんの婚礼・宴会部門を「ザ・グランユアーズ」として請け負われる事も決まっていて、今年は福井で一番忙しい総料理長になられるのではないかと思います
③は、始まりのひと皿《水蟹のタルタルとパースニップのムース グリーンピースのスープ カラスミ風キャビア》です。
水蟹というのは初体験でしたが、福井では脱皮直後のズワイガニの事を水蟹と呼ぶそうです。
脱皮直後の蟹ってあまりいいイメージはなかったのですが、普通のズワイガニよりもジューシーで甘みがあるとして蟹の本場の福井ではとってもメジャーな奴みたいです。
またパーニスップというのも初めて聞いた野菜で白い人参みたいな野菜だそうですが、思ったよりも甘みがありグリーンピースのスープとの相性も抜群で、優しさと旨さが融合した美味しいひと皿でしたね。
また当社が納めさせて頂いたキャビアで作られたカラスミもいい仕事をしていて、美味しく頂きながらもすごく参考になりましたよ
 
この後にも美味しいメニューを頂いていますので、この続きはまた後日ご紹介しますね
 
そして私をビビらせた北陸道は夜の7時過ぎには通行止めになったみたいで、やはりあの風景は雪国でもかなりヤバい風景だったって事なんですよね。
とにかく今は明日もう一度北陸道を走れるのか…それだが気掛かりな今日この頃です。

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~午後からのウォーキング~ ≪ルリビタキ祭り≫
2015-02-08
今朝起きると我が家の辺りは道路が濡れていて、雨がポツポツ降っていました。
仕方なくウォーキングを諦め残っていた仕事を片付けていると、リビングの窓越しに陽の光が射して来ました。
そこで3時前に家を出ていつもの甲山森林公園へと出掛けましたが、この時間のズレが良かったのか昨日ちゃんと写真を撮ってみたいと書いたルリビタキ♂をしっかり撮影する事が出来ました。
しかしよく考えると、何が幸いするかわからないですよね

という事で今夜は、そんなルリビタキ祭りの風景をご紹介します。
先ず①は、甲山観察湿原辺りの藪の中で出会った《ルリビタキ♂1号》です。
林の中を歩いているとカサカサと音を立てて跳ねるシロハラを見つけ、取り敢えず1枚撮っとこうかと思いカメラを向けると、すぐ横に動く青いモノを発見!!
高鳴る鼓動を抑えてピントを合わせると、どうしても撮りたかったルリビタキ♂でした。
カワセミと並んで幸せの青い鳥と言われる美しい野鳥で、その羽が瑠璃色をしている事からルリビタキと呼ばれています。
この個体は白い眉班が凛々しくて、カッコいい1羽でしたね
②は、なかよし池近くで出会った《ルリビタキ♂2号》です。
写真を撮れたことに満足してルンルンで歩いていると、目の前をまたまた青い何かが横切りました。
その動きを眼で追うと、なんと今日2羽目のルリビタキ♂との出会いです。
さっきの1号とはまた違う眉班で、明らかに違う個体だと分かります。
一気に2羽のルリビタキを撮ることが出来て、午後から来てよかったぁぁぁ~とテンション上がりまくった1枚です。
③は、帰り際に登場した《ルリビタキ♀》です。
ここは昨日メスを撮影したのと同じ場所だったので、たぶん昨日と同じ個体だと思います。
こうやって写真を並べると、雌雄で如何にその色合いが違うかがお分かり頂けると思います。
雌雄同色で見分けのつかない野鳥もいますが、こうやってオスとメスでは全く違う色合いの野鳥も多く、そこがまた探鳥の奥深さなんだよな
 
そして明日は朝からは雪マークの福井へと出張なんですが、天気予報を見ていると車で約束の時間までに行ける???と少々心配になって来ました。
でももし無事に行けたなら、それはきっとルリビタキのお陰ですね(^-^;

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~久々の土曜休日~ ≪野鳥たちの季節≫
2015-02-07

久しぶりの土曜休日となった今日は、朝からキレイな青空が広がった関西です。
風があまりなかったせいか、寒くもなく過ごしやすい冬の休日になりました。

 

そんな今日は急に午前中に会社に出る用事が出来たので、ついでに会社近くの武庫川へ珍鳥ウォーキングに行くつもりで家を出ました。
仕事を終わらせ、目的の珍鳥“チフチャフ”が出没するという報徳学園裏の武庫川付近に向かったんですが、今日は阪神競馬が開催されているらしく堤防道路はかなり渋滞していて…
あちらこちらに警備員が配置され車を停めるところもなく…仕方なしにいつもの森林公園に向かいました

という事で今夜は、そんな2週間ぶりの甲山森林公園での出会いをご紹介します。
先ず①は、恰幅の良い《シロハラ♀》です。
昨年の秋に渡って来た当初はもの凄く警戒心が強い感じでしたが、3カ月も経つとどのシロハラも人慣れしたのか、かなり近づいても写真を撮らせてくれます。
それにしても丸々と太って、甲山の恵みがよほど美味しかったんでしょうかね
②は、すました横顔《ルリビタキ♀》です。
山の中を歩いていると地鳴きが聞こえ、暫く待っていると目の前に杭の上に出て来てくれました。
この冬はこうやってメスにはよく出会いますが、むっちゃ美しい瑠璃色をしたオスにはなかなか出会えないのが残念です
だから今日も期待を抱きつつ暫く待ってみましたが、結局見つける事は出来ず…
春になって北の空に旅立ってしまう前に、しっかりとオスの写真もご紹介したいと思います。
③は、モフモフが愛らしい《エナガ》です。
このエナガも含め今日ご紹介の3種の野鳥はこの時期にはよく見かける野鳥ですが、とにかくこのエナガはジッとしていないのでまともに写真を撮るのがスゴク難しいヤツなんです。
ただ今日は珍しくこの枝の上でずっと毛繕いをしてくれて、しっかりと写真を撮らせてくれました
ただその分、ちょいとばかり乱れ羽になっているのはご愛嬌という事で

 

そして夜には、試食販売の日程を延長した「千里阪急百貨店」さんへ伺って来ました。
節分の恵方巻フィーバーの翌日からというあまり喜ばしくない日程でしたが、今回もたくさんの方に「天下一の味」を知って頂く事が出来たみたいです。
再来週の18日からは「宝塚阪急百貨店」さんでの試食販売を実施しますので、宝塚界隈にお住いの方は是非お立ち寄り下さいませ

 

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文

 
~宝塚ホテル~ ≪ハーモニー会 新年互礼会≫
2015-02-06
今日は朝から快晴に恵まれ、久しぶりに青空が広がった関西です。
気温は昨日よりは少し寒い感じでしたが、風がないという事もあってそれほど寒さを感じる事もなく過ごせた1日でした。
 
そんな今夜は、「阪急阪神ホテルズ」さんの近畿圏8ホテルの取引業者が集う≪ハーモニー会 新年互礼会≫が開催されました。
今宵の会場は阪急阪神グループが誇る宝塚歌劇のある阪急宝塚南口駅前の「宝塚ホテル」さんで、昨夜よりもまだ多い380名というゲストが集う盛大な懇親会となりました。

ではそんな今夜の①は、ホワイエで出迎えてくれた《氷彫刻:鳳凰》です。
会場の中にあるのも迫力があって良いですが、こんな風に素晴らしい氷彫刻にお出迎えされるのも良いですね。
扉の中に広がる非日常空間へと、知らずと期待が高まる瞬間です
②は、インパクト抜群《階段に並んだグラスオードブルたち》です。
こちらはあの宝塚歌劇の大階段をイメージして作られた特注品だそうで、タカラジェンヌに見立てた色とりどりの美味しいグラスオードブルが並びます。
昨年100周年を迎えられた宝塚歌劇団の人気は未だ衰えず、夕方には出待ちのファンが列をなしている風景をよく見かけますからね。
そんなオードブルたちが今にも踊り出しそうで、宝塚ならではの良い演出ですよね
③は、真っ先に並んだ《スペイン産仔豚のロティ シュクールクロッシュ》です。
最初は卵白で覆われている?と思っていたのですが、お聞きするとこの白いモノは砂糖で出来ているそうです。
フランス語で調べると“砂糖の鐘”という意味で、この様に砂糖でコーティングする事をそのように呼ぶのかな?と思います。
とにかく一番興味があったメニューだったので、乾杯の後に真っ先に並んで頂きました。
香ばしい皮とやわらかな肉の中には香辛料やハーブの香る仔豚のファルスが詰まっていますが、これがその砂糖の甘みともいい塩梅に馴染んでむっちゃ美味しいメニューでしたね
 
今宵はこれ以外にも素晴らしいメニューを堪能させて頂きましたので、この続きはまた後日ご紹介させて頂きますね。
 
そして本来は今日までだった「千里阪急百貨店」さんでの試食販売ですが、今回は特別に1日延長する事になりました。
という事で明日も開店から閉店まで、当社のカリスマ・マネキンMさんが笑顔でお待ちしていますので、ぜひお立ち寄り頂き「天下一の味」の美味しさを体感して下さいませ
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~神戸ポートピアホテル~ ≪第16回交流会≫
2015-02-05
昨夜の雪の予報とは裏腹に、日中の最高気温は10℃と少し肩すかしを喰った感じの関西です。
ただお昼前から雲が広がり始め、午後には雨がポツポツと降り始めました。
今夜から明日にかけてはかなり冷え込むという事ですが、当るも八卦当たらずも八卦…ですね
 
そんな今夜は、ホテル部門で大変お世話になっている「神戸ポートピアホテル」さんで開催された≪第16回交流会≫に参加させて頂きました。
毎年この時期に取引企業が一堂に会し、中内社長からホテルの現状や今後のビジョン等をお聞かせ頂いてから、いつも趣の違う内容の講演会が開かれます。
そして講演会の終了後には総勢360名近い企業のトップが集う関西でもトップクラスの懇親会が開かれ、今夜もシェフ渾身の素晴らしいメニューに舌鼓を打って来ましたよ。

では先ず今夜の①は、オードブルコーナーから《私チョイスのオードブル5種》です。
手前から、川勝シェフ作:アイスバインのテリーヌ/田元さん作:播州百日鶏胸身のレモン風味ソース/井上さん作:甘海老と帆立のタルタル 柑橘風味/小川氏作:中トロとアボガドのにぎり寿司風/波多野さん作:オマール海老の彩りテリーヌと並んでいます。
どれも綺麗で美しく盛りつけられていましたが、各メニューの前にそれを作られた調理の方の顔写真入りのメニュープレートが立てられていたのには驚きました。
私も色々なパーティーに参加していますが、作られた方の名前までひと品ずつに表記されているのは初めての事で、頂く側からすると顔の見える料理って感じでスゴク新鮮さを感じましたね
とても手間がかかるだろうし簡単に出来る事ではないとは思いますが、出来ればずっと続けて欲しい新しい取り組みだと思います
②は、個人的に大好きな《パテ・カンパーニュ》です。
20年以上前のホテルの宴席ではよく出ていたフレンチの王道オードブルですが、最近は人手不足の影響もあってかこんな風に手作りのパテ・カンパーニュにはほとんど出会う事はありません。
見た目以上にいくつもの味と香りが口の中に広がり、とっても嬉しく美味しいひと皿でしたよ
③は、行列が出来ていた《味彩牛のローストビーフ》です。
味彩牛とは最近よく見かける熊本で育てられたブランド牛で、黒毛和牛と乳牛の交雑種だそうです。
このひと皿は噛むほどに肉汁が滲み出て来る絶妙の焼き上がりで、味彩牛のポテンシャルの高さを感じましたね
 
こんな風に私が美味しい思いをしている最中も「千里阪急百貨店」さんでは試食販売が行われ、今日もたくさんの方のお家に「天下一の味」たちが旅立ったみたいです。
そうやって辿り着いたお家の食卓に、きっと口福の笑顔をもたらしてくれると信じています♪♪♪
こちらでの試食販売は明日の閉店時まで行なっておりますので、お近くの方はぜひお気軽にお立ち寄り下さいませ。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~リーガロイヤルホテル広島~ ≪第2回美食の夕べ②≫
2015-02-04
今日は朝から快晴となり、最高気温も久々の2桁になった関西です。
それでもやはり朝晩は寒く、布団から出るのがツラい日々が続いています。
 
ではそんな今夜は、先月末に参加した「リーガロイヤルホテル広島」さんでの多田隈総料理長の賞味会≪第2回美食の夕べ≫の続編をご紹介します。
地上32階のスカイバンケットから広島の夜の街を見下ろしながら、美味しいメニューを堪能させて頂きましたよ
では先ず①は、春を感じるオードブル《タラバ蟹と赤座海老ムースのブータン仕立て 冬から春への芽生えサラダ トリュフ風味》です。
このひと皿は多田隈総料理長が、「くろよんロイヤルホテル」の総料理長時代に体験された
信州の春をイメージされたひと皿だそうです。
タラバガニと赤座海老という甲殻類の2大スターのムースはふんわりとやわらかく、コクのある旨みに甘みも感じる美味しさです。
そこに早春を表現するたらの芽やこごみのフリットが添えられ、信州の芽吹きの春が見事の表現されひと足早い春の味覚を堪能させて頂きました
②は、広島ならではのひと皿《広島産牡蠣の3種の味わい》です。
広島産牡蠣が最も美味しいと言われるのが1月から2月にかけてで、まさに旬の盛りの牡蠣を贅沢にも3種の料理法で食べ比べさせて頂きました。
瀬戸内の海には無数の牡蠣筏が並び、出張で来てその風景を見る度に旨そうなそんな牡蠣に思いを馳せてしまいます。
ただそう簡単に牡蠣を頂く機会もなく、そういう意味でもとっても嬉しいひと皿でした。
先ずひとつ目は王道のフローレンス風の牡蠣、次にカダイフで巻いてサクサクとプルンプルンの食感を楽しむ牡蠣、そして最後にカフェドパリバターを使って風味豊かに焼き上げられた牡蠣、この3つの味わいをソムリエおススメのワインと共に頂きます。
どれもこれも美味しいひと皿でしたが、30種以上の香辛料やハーブを加えて作るというカフェドパリバターの牡蠣は懐かしくもあり新しくもある…スゴク印象に残った味わいです
③は、インパクト抜群の《ホゴメバルの姿焼き 海の幸のリゾット詰め 雲丹風味のオランデーズソースグラタン シェリー酒酢風味ソース》です。
瀬戸内の肥沃な海で育った冬のホゴメバル(カサゴ)は身が引き締まって美味しく、煮付けや唐揚げではよく頂きます。
ただフレンチでしかも姿のままというのは初めてで、インパクト抜群のひと皿でした。
中骨をきれいに取り除かれたお腹部分には滑らかなムースとリゾットが詰められ、それを雲丹の風味のオランデーズソースと共に姿のままで焼き上げられていました。
添えられたトマトとハーブの少し酸味のあるソースがカサゴともリゾットともいい塩梅で、とても美味しいひと皿でしたね
 
この後には待望の根室産エゾ鹿を使った美味しいメインも頂いていますので、そんな風景はまた後日ご紹介しますね。
 
そして「千里阪急百貨店」さんで行なっている今年最初の試試食販売では、昨日の節分フィーバーの翌日という事もあってどの売り場も午前中から大苦戦したみたいです。
ただ当社のMさんの頑張りもあって、最終的には100本近い「天下一の味」たちが旅立って行きました。
とにかく試食してさえ頂ければ必ずその旨さを実感して頂けると思うので、明日以降も千里界隈にお出掛けの際にはぜひお気軽に地下の食料品売り場にお立ち寄り下さいませ
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~千里阪急百貨店~ ≪今年最初の試食販売≫
2015-02-03
今日も午後からは薄暗い雲に覆われた関西ですが、ここ最近は1日中スッキリと晴れ渡るという天気が中々ありません。
いつも見上げれば暗い冬の空ばかりで、何だかパッとしない日々が続いています。
 
そんな今夜は明日から行う試食販売の売り場を設営する為、夜になって閉店後の「千里阪急百貨店」さんへ行って来ました。
阪急百貨店さんは毎週水曜日がイベントの立ち上げ日で、最終日となる火曜日の夜は催事なんかの入れ替え作業で店内はバタバタしています。
通路を通るのもエレベーターに乗るのも順番待ちで、とにかく要領よく動かないと時間だけが過ぎていっちゃうんですよ

という事でそんな今夜の①は、バックヤードで出番を待つ《天下一の味たち》です。
3日間の催事なのに、今回ご発注頂いた本数は全部で600本以上
さすがにこれはマネキンを担当するMさんにはハンパないプレッシャーだと思いますが、もう今となってはやるしかないって感じだと思います

②③は、《明日からの売り場のbefore and after》です。
今日の夜まで違う業者さんが試食販売で使われていた場所を空けてもらい、今度は明日からの私たちが商品を並べて明日の開店に備えます。
短時間で何もない場所に商品を並べ飾りつけするのは結構難しく、何回やっても納得いく仕上がりにならないのが玉に瑕ですが、ここで明日から「天下一の味」4種類の試食販売を行います。
 
とにかくたくさんの「天下一の味」たちが皆さまのお越しをお待ちしていますので、どうか千里近辺にお越しの際にはぜひお立ち寄り下さいませ。
そして今回は「千里阪急百貨店」さんの計らいで格安の特価販売になっていますので、ぜひともお買い求め頂ければ幸いです
どうか宜しくお願い申し上げます。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~キャッスルプラザ~ ≪全日本司厨士協会東海地方本部 新年賀詞交歓会≫
2015-02-02
今朝も昨日同様に寒い朝となった関西ですが、温度的には昨日よりは高めになったみたいです。
それでも見上げれば冬空って感じで、低く暗い雲で覆われた真冬の1日になりました
 
そんな今夜は、名古屋でお世話になっている「ホテルキャッスルプラザ」さんで開催された≪全日本司厨士協会東海地方本部 新年賀詞交歓会≫に参加して来ました。
今夜は東海圏のたくさんのシェフが集われ、美味しいメニューに舌鼓を打ちながらの有意義なひと時となりました。
ではそんな今夜の①は、会場中央で輝きを放っていた《存在感溢れる氷彫刻》です。
それにしても氷彫刻は、やはり何度見ても良いですよね。
本当に会場に華が生まれ、ひと目見た瞬間から非日常の世界へと誘われます
最近氷彫刻で流行っているのが氷の裏側から彫り込んで作る氷花ですが、今日はそれに更に立体感を持たせられていて、賀詞交歓会に相応しい素晴らしい出来栄えでしたよ
②は、今宵一番目立っていた《氷彫刻と鈴木料理長》です。
実はこの作品“オウムとわたし”は、こちらのホテルの鈴木料理長が第42回全国氷彫刻展・夏季大会で準優勝された際の作品で、今夜はデザートコーナーに飾られていました。
鈴木料理長はこの大会で全国制覇を2連覇された事もある氷彫刻の達人で、この作品をたったの50分で彫り上げるという天才的な氷のアーティストなんですよ
③は、今宵のメニューから《根室産エゾ鹿サドルのロースト》です。
こちらは当社が手配させて頂いたのですが、今が旬のエゾ鹿をこの日に合わせて凍らせないまま生で北海道から直送したエゾ鹿です。
数あるエゾ鹿の加工場の中でも、その設備と知識とノウハウはピカイチという加工場が手配してくれただけあって、たくさんのシェフに非常にやわらかくて美味しいとお褒めの言葉を頂きました。
自社が納めた素材がシェフの手によってさらに旨みを加えられ、食べた方から美味しいと言われる…これがこの仕事の醍醐味ですから、今夜はテンション⤴⤴で帰途につきました
 
これ以外にも素晴らしい美味しいメニューの数々を堪能させて頂きましたので、この続きはまたご紹介させて頂きますね。
 
そして明後日からは、今年最初の試食販売を「千里阪急百貨店」の地下1階で開催します。
毎回たくさんの方がお買い求め下さる縁起のいいお店ですので、今年も「天下一の味」を1人でも多くの方に知って頂ける様に、先ず明日の夜は気合いを入れて売り場の設営をして来たいと思いますので、お近くの方はぜひお立ち寄り下さいませ♪♪♪

サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~気分の晴れない空しい休日~
2015-02-01
昨日からの冷え込みは今朝も続き、我が家の周りは雪がちらちら舞う日曜日になりました。
そんな今日は、久々に廻って来た日直勤務でお昼前から会社に出ていました。
2月は暇な時期とは云え明日は月初めという事で、今日は受注作業に追われちゃいましたね。
 
そして今日は、多くの方が憤懣やるかたない気持ちで1日を過ごされた事だと思います。
これは本当に許せない痛ましい出来事であり、朝から深く悲しい気持ちになってしまいました。
無神論者の私は特定の宗教を支持しようとは思いませんが、それぞれの信心や信仰に異論を唱えるつもりもありません。
ただ今回は、そんな宗教の真意が問われる大きな出来事のような気がします。
 
実は先日の福井出張の際に立ち寄った「永平寺」で、道元禅師が残された《正しい宗教》なる教えがあった事を知りました。
これが彼の地に届いていたなら、
多くの宗教家が聞く耳を持っていたなら…そんな風に感じるのは私だけでしょうか?
                                                   
《正しい宗教》
自分の宗教を信じるあまり
他の宗教をそしり
果ては憎しみ争うほど愚かな事があるでしょうか
正しい宗教はいつの時代にも人々を照らし
平和な生き方へと導くものなのです
宗教者同士が刃を抜いて
争うことなどあってはなりません
 
今だからこそ、もう一度この教えの意味を感じ入らないといけないと思う今日この頃です。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~ラヴィ-ル岡山~ ≪ 全日本司厨士協会 岡山県本部 新年互礼会②≫
2015-01-31
昨日の寒さがそのまま残った関西は、晴れ間もありつつも雪が舞う土曜日になりました。
とにかく厳しい寒さでしたから今日が店頭セールの開催日じゃなくて良かったと、ホッと胸を撫で下ろしましたね
 
ではそんな今夜は、水曜日に参加した≪ 全日本司厨士協会 岡山県本部 新年互礼会≫の続編をご紹介します。
先ず①は、《ホットメニューの中からチョイスした3品》です。
左上から●マグロ頬肉のステーキオニオンペッパーソース●ピーチポーク 胡麻風味のグリル●和牛モモ肉と牛タンのファルシ―と並びます。
素材の旨味を引き出すように丁寧に仕込まれたメニューたちばかりで、ワインとの相性も抜群の仕上がりでしたね
この夜はワインも泡もすごく良いモノが用意されていて、マジで飲みすぎちゃいましたからね。
②は、《海の幸のブイヤベース》です。
乾杯が終わり熱々の状態で運ばれて来ましたが、この目立つロブスターに誘われてたくさんの人が取りに行かれました。
ただ綺麗なままで写真を撮ることを優先して食べそびれちゃったのが残念ですが、真冬の宴会には華になる良いメニューですよね
③は、内藤シェフ自らカットされていた《ローストビーフ シャリアピンソース》です。
滴るような肉汁が溢れる見事な焼き上がりだったので、赤ワイン片手についつい並んじゃいました。
シャリアピンソースで頂くローストビーフは初めてでしたが、じっくりと炒められたタマネギから出る旨みと甘みがジューシーなローストビーフに良く絡んで、持っていた赤ワインはその場で一気飲みしちゃいました
 
この夜はこれ以外にも和洋の美味しいメニューを頂いていますので、そんな風景はまた後日ご紹介させて頂きます。
 
早いもので1月も今日で終わり、明日からはもう2月が始まります。
外食関連の企業にとっては、2月は逃げる…と言われるほど暇な時期になるので、この1ケ月をどのように過ごすかがこの先の商戦に大きく影響します。
ちょうど私は明日が久々の日直勤務なので、そんな事も考えつつ頑張って働かせて頂きますよ~
 
サンフード株式会社代表取締役 山竹順文
<<サンフード株式会社>> 〒661-0046 兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号 TEL:06-6432-4457 FAX:06-6431-6319