qrcode.png
http://sunfood.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!

 

サンフード株式会社
兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号
TEL.06-6432-4457
FAX.06-6431-6319
----------------------------

 

ブログ

 

【天下一の味】社長のつぶやき

【天下一の味】社長のつぶやき
フォーム
 
~キャッスルプラザ~ ≪全日本司厨士協会東海地方本部 新年賀詞交歓会②≫
2015-02-19
今日も朝から快晴になった関西は気温も10℃を超えて、比較的暖かい1日となりました。
ただ思いのほか風が強く、日陰に入るとブルッとなるような調子の狂う1日でもありましたけどね
 
そんな今夜は、今月の初めに「ホテルキャッスルプラザ」さんで開催された≪全日本司厨士協会東海地方本部 新年賀詞交歓会≫の続編をご紹介させて頂きます。

という事で今夜は、当社が納めさせて頂いた商品が使われた3つのメニューをご紹介しますね。
先ず①は、冷製メニューから《ザンポーネの炙り》です。
ザンポーネとは豚の前脚部分から骨と肉を取り除き、そこに香辛料やハーブ・ニンニク等で味付けをした豚のミンチを再び詰めて仕上げる皮付きのソーセージです。
イタリアのお正月には欠かせないと言われるメニューですが、少々癖があるので好き嫌いが分かれる商品ではあります。
そこでこのザンポーネは
万人受けするように日本人の味覚に合わせて国内で作った商品なんです。
この夜は表面の皮目を炙ってからスライスされ、春野菜と共にサラダ仕立てで提供されていました。
コリコリした皮の食感とミンチの旨味が、白ワインに合う美味しいひと皿でしたよ。
ただこの商品、工場の都合でこの先製造中止が決まっていて…いやぁ~何とも残念です
②は、前回ご紹介したエゾ鹿と共に大人気だった《スペイン産乳飲み仔豚のロングロインのロティ》です。
これはスペインのカタルーニャ地方の生後4週間程度の乳飲み仔豚の骨付きロースで、とにかくもの凄くやわらかくジューシーな肉質です。
皮もプルプルして美味しく、食べる毎にその旨さを実感する味わいです。
この夜は絶妙な火入れ加減で提供して頂き、参加されていたシェフからもお褒めの言葉を頂いちゃいました
③は、こちらも人気だった《ソルトブッシュラムのロースト》です。
オーストラリアの海岸線で、潮風の塩分を吸収して育つ牧草(ソルトブッシュ)を食べて育った仔羊をソルトブッシュラムと呼びます。
これはオーストラリアでも稀少な存在で、鮮やかな色あいに繊細でやわらかな肉質と上品な脂身を持つ美味しい仔羊です。
この夜は仔豚同様に非常に美味しく焼き上げられていて、参加されていたお肉のプロの方にも“こんな美味しいラム初めてです”って言って頂きました

自分たちで選んで自信を持って提案した素材が調理され、さらに美味しくなってお客様を感動させる…これが私たちの仕事の醍醐味であり、本当に嬉しい瞬間なんですよ
 
そして今週は気温も上がり気味なせいなのか、実は何やらくしゃみが連発するような感じで…
まさかまさかとは思いますが、春を待たずして花粉症を発症か???
と少し怯える今日この頃です
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~ホテル日航大阪~ ≪シェフ槇谷嗣雅の北海道の食材を使って…②≫
2015-02-18
今朝の関西は暖かく、出勤時の車の温度計は8℃を示していました。
どちらかというと曇り気味の空でしたが、これくらいの気温が一番過ごしやすい冬の気候なのかも知れませんね。
 
そんな今夜は、先月末に参加させて頂いた「ホテル日航大阪」さんのメインダイニグ「レ・セレブリテ」での≪シェフ槇谷嗣雅の北海道の食材を使って…≫の続編をご紹介します。
この日のメニューはバイキングレストラン「セリーナ」の槇谷シェフが担当されていて、北海道の冬の恵みを楽しませて下さいました。

では先ず①は、スープに続いて登場した《魚のフリット 魚介のソースで》です。
ポシェされた車海老に鮟鱇のフリット、そして大きなアサリのヴァプールと並びます。
それぞれの旨さが引き立つように火入されていて、お昼なのについつい白ワインをオーダーしそうになっちゃいましたからね
魚介の旨味が詰まったソースとのバランスも良く、とても美味しいひと皿でしたよ
②は、この日のメイン《エゾ鹿のポワレ ベリーソース》です。
こちらもこの前日の広島に続いての根室産のエゾ鹿のロース肉ですが、非常にやわらかく食肉としてもとても美味しい肉であると改めて感じました。
ジビエという事でベリー系のソースで美味しく頂きましたが、塩胡椒だけでも十分な旨さを感じる事の出来る素材だと思います
この日に付き合ってくれた娘にとっては初めての鹿肉だったようですが、むっちゃ美味しい~と喜んで食べてくれたのが
嬉しかったですね
③は、最後のひと皿《海道ハスカップとクリームチーズのムース》です。
北海道の果実と言えば真っ先に思い浮かぶハスカップですが、今年は色んな条件が重なり合ってスゴク入手しづらい果実になるみたいです。
そんな事を思いながら頂くと何だかとてもありがたい旨さを感じるし、これはいつものワインではなく珈琲が飲みたくなる旨さでしたね
そしてサクッサクッのビスキーの上には美しい円錐形のクリームチーズのムースが鎮座し、すごくバランスの良い美味しいデザートでしたよ
 
そして今日から始まった「宝塚阪急」さんでの試食販売の初日でしたが、今回もたくさんのお客様に来て頂けたみたいで感謝感謝です。
ただ納品させて頂いた数からするとまだまだ頑張らなければならい状況ではありますので、阪神間にお住いの方はぜひ土曜日までにお立ち寄り下さいませ
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~名鉄ニューグランドホテル~ ≪愛知県調理師 合同祝賀会≫
2015-02-17
昨日の関西の好天が嘘みたいに、昨夜から広島は雨模様です。
そんな中で、東北ではまた津波に注意が必要な大きな地震があったみたいで心配です。
安倍政権が原子力発電の再開を着々と進めている中で、何かあっても誰も責任を取らずうやむやのままに時間だけが過ぎていく今の政策に対して、自然界が警鐘を鳴らしているのでは?そんな風に感じた朝でした。
 
そんな今日は朝から広島を離れ、お昼には名古屋へとやって来ました。
名古屋駅前にある「名鉄ニューグランドホテル」さんで開催された愛知県調理師会主催の西洋料理・中国料理の合同祝賀会に参加しました。
厚生労働大臣表彰を受賞された榊原紀正氏、愛知の名工を受賞された大高恒夫氏・岡野正弘氏の栄誉を祝した合同祝賀会です。
 
という事で今夜は、昨日見たドクターイエローと今日の合同祝賀会の風景をご紹介します。
先ず①は、昨日ご紹介出来なかった幻の新幹線《ドクターイエロー》です。
今までは黄色い物体とすれ違った?的な出会いしかなかったのですが、昨日は新大阪駅で目の前を通ってゆっくりと停まってくれました。
あっという間に老若男女がカメラやスマホを片手に集まって、まるで芸能人並みの大人気でしたね。
コイツを見ると幸せになれるという都市伝説、本当ならいいのですが…
②は、本日のメインキャスト3名の中から《愛知の名工を受賞された大高恒夫氏》です。
大高氏には私が名古屋エリア担当の営業マンの頃から大変お世話になっており、今日は一路広島からお祝いに駆けつけました。
昨年まで「ウェスティンナゴヤキャッスル」さんの名誉総料理長を務められ、名古屋のフランス料理界をその類稀な技術とお人柄で牽引されて来られた重鎮です。
どうかこれからも、健康に留意され益々のご活躍をお祈りしたいと思います。
③は、本日のメニューから《あこう鯛と本鮪のにぎり》です。
今日は和洋中のブッフェスタイルの祝賀会で、それぞれのジャンルの美味しそうなメニューがところ狭しと並んでいました。
ただ今日の会場には150名以上の方がお祝いに駆けつけられていて、乾杯と同時に料理の前には黒山の人だかりが出来て…ちゃんと撮れた写真はこの1枚のみでした
白身と赤身でまた違う脂の乗り具合でしたが、どちらもスゴク美味しい1貫でしたよ
 
昨日も今日も場所こそ違えどとても和やかで心温まる雰囲気の祝賀会となり、その功績だけではなくお人柄の大切を改めて感じました。
自分もそんな風に周りの人に思って頂ける様にならなくちゃ…そんな風に感じた今日この頃です。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~ANAクラウンプラザホテル広島~ ≪横山正氏 厚生労働大臣表彰受賞祝賀会≫
2015-02-16
今朝の関西は久々に雲ひとつない快晴となり、昨日触れたPM2.5の飛散も少なく澄み渡った青空に包まれました。
やはり月曜日の朝
がこんな感じでスカッと晴れると、気分良く1週間をスタート出来ますね

そんな今夜は、広島支店が大変お世話になっている「ANAクラウンプラザホテル広島」さんで開催された祝賀会に参加させて頂きました。
昨秋にこちらの横山洋食料理長が厚生労働大臣表彰を受賞され、その栄えある受賞を記念しての祝賀会です。
会場にはたくさんの方々がお祝に駆けつけられ、今宵も美味しいメニューに舌鼓を打ちました。
 
ではそんな今夜の①は、本日の主役《横山料理長》です。
広島でも1・2を争う忙しさのこのホテルの宴会部門を担当されながら、西洋料理の普及発展と後進の育成やボランティア活動に尽力されて来られた実績が評価されてのご受賞です。
当社も広島支店開設以前から大変お世話になった料理長で、私もスゴク嬉しい祝賀会になりました。
祝宴では子供さんから花束の贈呈や奥さまのピアノ演奏が行なわれたり、横山料理長から家族への感謝の言葉もあってたりして、本当にアットホームな雰囲気の心和む祝賀会でしたよ
②は、今宵のアミューズ《お祝いフルーツトマトのカプレーゼ ムース仕立てキャビア添え》です。
トマトとモッツアレラのふんわりと優しい味わいの紅白のムースが、祝宴を演出するひと皿です。
コクのあるコンソメジュレとバジルの香りも良いアクセントで、キャビアの旨さを感じつつ泡々が進む始まりのひと皿でしたね
③は、見た目も美しいオードブル《根菜のコンプレッション ジュレと海の幸の仲間達》です。
大地の滋味の根菜たちが美しくデザインされたゼリー寄せが、マグロに帆立・海老といった海の幸でさらに美しく飾られた美味しい
ひと皿でしたよ
マジでどれから手を付ければいいのか…そんな料理の醍醐味を感じましたね
 
この後にも美味しいメニューを堪能していますので、この続きはまた後日ご紹介させて頂きます。
 
そして実は今日、新大阪駅であの幻の新幹線“ドクターイエロー”に遭遇しました。
今までも何回か見た事はありましたが、ちゃんと写真に収められたのは初めてです。
そんな写真はまた後日ご紹介したいとは思いますが、コイツを見ると幸せになれるという都市伝説…これはちょっと信じてみたいと思う今日この頃です。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~パッとしない天気の日曜日~ ≪それでも甲山森林公園は癒してくれます≫
2015-02-15
今日の関西は朝から雲が広がり、午後には雨がポツポツといった感じの日曜日になりました。
また今朝の西宮はPM2.5の飛散で遠くまで霞みがかっていて、こんな朝は恒例の探鳥ウォーキングへの意欲も落ち気味になっちゃいますね
 
という事で今日は朝起きてからかなりダラダラしてしまい、ウォーキングへと家を出たのは9時半を廻っていました。
冬だからと油断していたら駐車場は1台分しか空いてなくて、ギリギリセーフで探鳥開始です。
ではそんな今夜の①は、甲山湿原観察園で出会った《ルリビタキ♀》です。
今日は森林公園に入るなり、立て続けにジョウビタキ♂・ルリビタキ♂・ソウシチョウと良い出会いがありましたが、すべてカメラに収める事は出来ず…
少々落ち込み気味で歩いていたら、彼女が湿原観察園の柵の上で待っていてくれました。
先週ご紹介したオスの方が当然美しいんですが、こんな風にアップでよく見ると尾羽に控えめに瑠璃色を隠したお洒落な彼女ですね
②は、なかよし池近くで出会った《コゲラ》です。
私が歩いていると、まるでここにおるよぉ~とアピールするようにコンコンと忙しそうに木の枝を突いていました。
こんな細い枝でも結構いい音を響かせていて、まるで森のドラマーみたいでカッコいい存在感でしたね。
③は、執念で撮影した《ソウシチョウ》です。
今朝は園内に入ってすぐのみどり橋近くの藪で、ルリビタキ♂とソウシチョウを見かけました。
ただその時はカメラに収める前にいなくなってしまったので、帰りにもう一度チャレンジすると再びソウシチョウの軍団を発見!!
ただかなりの距離があり、またとにかくジッとしてくれないのでまともにピントがあったのはこの1枚だけでした
あの見事なカラフルさを表現出来る1枚ではないですが、粘って撮ったので良しとしたい1枚です
 
そして実は今日は、この前の日曜日にルリビタキの事でお話をしたお二人の女性に園内で偶然に出会い声を掛けて頂きました。
この森林公園で毎週日曜日に親子で探鳥を楽しんでおられるらしく、とても楽しそうに園内の野鳥に付いてお話を聞かせて下さいました。
そして私のこのブログも見て下さっていたみたいで、何だか少し気恥ずかしかったですね
でもこんなブログでも見て下さっている方がいるというのがスゴク嬉しくて、これからも毎日アップしなきゃぁ~と感じた今日この頃です
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~むっちゃ寒かった店頭セール~
2015-02-14
今朝の出勤時の車の気温計は0℃を示していて、エンジンが暖まるまでは車の中でも息が白いという朝になりました。
ただお天気自体はとても良かったので、寒さの中でしたがたくさんのお客さまがご来店して下さいました。
 
なぜか12月の店頭セール以降はなぜだかセールの日はものスゴク寒く、セールが終わると頭がクラクラする感じです。
という事で今夜はゆっくりと風呂に入ってからビールを山ほど浴びて、明日以降の体調管理に努めたいと思います
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~とり鹿~ ≪なにわの一汁三菜プロジェクト≫ 
2015-02-13
昨日の予報通り寒くなった今日は、日中には阪神間でも激しい雪が降る1日となりました。
2℃だった最低気温も明日は1℃という予報です。
今週は厳しい寒波の後には初春並みの暖かさになり、また週末は厳しく冷え込むとなると本当に身体がついて行きません。
インフルエンザも猛威も薄れかけて来たみたいですが、ここで気を緩めないように体調管理に勤しまなくてはならないと感じる今日この頃です。
 
そんな今日は毎月恒例のランチ勉強会「百食会」に参加して来ました。
という事で今夜の①は、創業122年という老舗料亭《日本ばし とり鹿》さんです。
大阪のど真ん中にある風情ある5階建ての料亭ですが、1階には気軽に入れる焼き鳥店も構えられています。
今日はそんな料亭部分に部屋を用意して下さり、畳の上に座敷テーブルがセットされた落ち着いた雰囲気の優雅なランチタイムになりました。
実は和食が世界無形文化財に選ばれた事を契機に、大阪府料理業生活衛生同業組合の働きかけで≪なにわの一汁三菜プロジェクト≫なるものが行われています。
これは世界で認められた「和食」なのに日本では和食離れが叫ばれている現状を打破する為に、組合加盟の料理店が和食の原点ともいえる一汁三菜をテーマにメニューを提供し、和食の魅力を改めて発信しようという取り組みです
加盟店の中には「吉兆」さんに「花外楼」さん「つる屋」さんや「道頓堀今井」さんなどの大阪を代表する名店も参加されていますので、1人でも多くの方に名店の味を知る機会にして欲しいと願います。
②は、今日頂いた一汁三菜の中の《三菜》です。
写真奥から、だし巻き・海老・蛸・一寸豆・金柑・くわ焼き・イカ柚子味噌和え・治部煮・筍・梅麩・ブロッコリー・鳥海月和えと三菜以上の旨そうな料理が並びます。
なにわの一汁三菜プロジェクトでは、これに鶏出汁の効いたスープにご飯に香の物・デザートが付いた一汁三菜弁当が1500円という事ですから、かなりお値打ちな内容ですよね
③は、特別に出して頂いた《唐揚げ》です。
チューリップとモモの唐揚げですが、やはり鳥屋さんの本気の唐揚げは旨過ぎます。
噛むほどに滲み出る肉汁に、思わずビールを頼みたくなっちゃいます。
これ以外にも本気の焼鳥やウマウマの鶏スープに鶏そぼろご飯まで堪能させて頂き、鶏尽くしの美味しい百食会になりました
 
そして明日は、2月最初の店頭セールを開催します。
私の試食担当は当社のヒット商品の「天下一の味 だしの素」を使ったウマウマ野菜鍋に、揚げたてのメンチカツで作るカレーメンチサンド、ダイスカットした牛脂注入ビーフで作るひと口ビフカツ等々をご用意しています。
皆さんに口福の笑顔をお届けする為に一生懸命準備してお待ちしておりますので、阪神間にお住いの方はぜひお気軽にお立ち寄り下さいませ
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~シェラトン都ホテル大阪~ ≪久松幸彦がお届けするスペシャルサンクス≫ 
2015-02-12
週初めの大雪狂想曲が嘘みたいに、暖かくいいお天気になった関西です
今週は北陸から滋賀県北部の雪深さを体感し、ほとんど雪の降らない阪神間で何の苦労もなく生活している事に改めて感謝しなくちゃいけないと感じますね
 
そんな今夜は、ホテル部門で大変お世話になっている「シェラトン都ホテル大阪」さんで開催されている美食イベント≪久松幸彦がお届けするスペシャルサンクス≫に参加して来ました。
久松総料理長が日頃の感謝の思いをメニューで表現される賞味会で、お世辞抜きですごく美味しいメニューを堪能させて頂きました。
 
先ず今夜の①は、今宵のメインキャスト《久松総料理長》です。
現在はこちらの「シェラトン都ホテル大阪」さんと「天王寺都ホテル」さんの総料理長を兼務され、関西圏の都ホテルグループを統括されるグランシェフです。
このイベントは今週末の日曜日まで開催されていますので、週末に大阪でお食事をお考えの方には是非ともおススメです
②は、今宵のアミューズ《鮑と茸のテリーヌ 可愛らしい鮑コロッケ飾り》です。
鮑のやわらかさとそれに似た茸の食感の優しい旨さがちりめんキャベツで閉じ込められ、コクのある肝のソースがビシッと味を引き締めます。
ひと口の鮑のコロッケも濃厚な旨味を感じさせてくれて、とても贅沢な気分にさせてくれた始まりのひと皿です
③、見た目も美しいオードブル《鯛・マグロ・海老など、海の幸と彩り野菜のパレット仕立て》です。
写真左上から、トマトのアボカドサラダ仕立て・ホタルイカのマリネ・ホタテ貝柱の明太子風味・才巻き海老のキャビア添え・真鯛のマリネ・オマール海老・エスカルゴ・サーモンのバジル風味・マグロの春巻き仕立て…と9種類のメニューが並びます。
どれもとても美味しく、食べ進む事が楽しくなって来るひと皿です
そのひとつひとつを味わいながら頂くと、ついつい飲み過ぎちゃうのがたまに傷ですが…
 
この後にも美味しいメニューを堪能していますので、この続きはまた後日ご紹介させて頂きますね。
 
今日は春を感じるような暖かさでしたが、明日からはまたまた厳しく冷え込むみたいです。
週末の土曜日には店頭セールを開催するので、もう寒さは勘弁して欲しいと思う今日この頃です。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~琵琶湖での本気の休日~ 
2015-02-11
今朝の大津は昨日の滋賀県北部の大雪が嘘みたいに、好天に恵まれた暖かい1日になりました。
昨夜は慣れない雪道を緊張しながら運転したせいと飲み過ぎたせいもあり、気が付けば完全に寝ちゃっていました
 
という事で今夜は、そんな琵琶湖畔で趣味に徹した休日の風景をご紹介します。
先ず①は、琵琶湖の湖面を赤く染めて登りゆく《綺麗な朝》です。
昨夜泊まった「琵琶湖ホテル」さんは琵琶湖の最南端に位置し、全室レイクビューという素晴らしいロケーションのホテルです。
そんな中で今朝は以前から行きたかった「湖北野鳥センター」にやっと行けるという事もあってか、いつもより早く目が覚めちゃいました。
そして何気にカーテンを開けると、ちょうどホテルの東側に位置する琵琶湖のランドマークタワー「大津プリンスホテル」を照らしながら、ゆっくりとオレンジ色の朝陽が登って行きます。
夜型人間の私からすると夕陽はあっても朝陽を撮る事はほとんどありませんから、そういう意味では大変貴重な1枚です。
凄く幻想的で美しい1枚で、コイツはかなりお気に入りの1枚になりました。
②は、昔からどうしても行きたかったマキノ高原にある《メタセコイア並木》です。
琵琶湖北部の高島市にある全長2.4キロに及ぶ真っ直ぐな並木道で、四季折々の美しい風景をいつかこの目で見てみたいと思っていました。
今週の大雪の影響でこの辺りも30センチくらいの積雪があり、雪とアスファルトと青空の美しいコントラストを感じる良い感じの1枚が撮れました
③は、憧れの「湖北野鳥センター」近くで見た《トンビ》です。
湖北野鳥センターは琵琶湖畔の最北端に位置し、琵琶湖で羽を休める水鳥たちをじっくりと観察する事が出来る貴重な施設です。
ただ展望室から湖畔まではかなりの距離があり、私のデジカメではここから野鳥たちを撮ることは出来ませんでした。
ただ琵琶湖とは逆方向の遥か彼方の山の斜面に、国の天然記念物で希少野生動植物種に指定されている大鷲が来ていると教えてもらい近くまで行くと、その辺りの道路にはバズーガ砲のようなカメラの放列が出来ていました。
しかし私のカメラではその存在すら確認出来ず、諦めて帰ろうとしていると近くの木の枝でコイツが〝ピ~ヒョロロロ~“と鳴いていました。
大鷲を撮りに来たみなさんから完全に無視されていましたが、私にとっては申し分ない被写体です。
そんなトンビをモデルにして撮らせてもらった中で、これが一番気に入った1枚です。
 
ここ最近を振り返ってみると、自分の趣味に何も考えずに休日を丸ごと使ったのは本当に久しぶりのような気がします。
甲山森林公園とはまた違う琵琶湖畔の自然に癒され、想像以上に有意義な休日となりました
今週は大雪の中の福井出張でかなり疲れてはいましたが、甲山森林公園とは違う本物の手つかずの自然を満喫し、リフレッシュ感満載で明日を迎えられそうな今日この頃です
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
 
~大雪の北陸路~ ≪貴重な経験も疲れまちゃいました≫
2015-02-10
昨日の雪は昨夜も降り続き、今朝も降り積もる雪に覆われた福井です。
朝起きてニュースを見ると、福井市内から敦賀方面に向かう国道8号線で300台以上が立ち往生し、未明からずっと通行止めになっているとの事
本来であれば今日の午後に伺う予定だった敦賀のホテルのシェフに連絡すると、今日は無理でしょう…との事で、夕方に講演会と懇親会が開催される「琵琶湖ホテル」さんへと向かいました。
北陸道も敦賀~米原が通行止めになっていましたが、なんとか10時過ぎには解除されたので渋滞を覚悟で取り敢えず高速に乗りました。
ただ今庄インターを過ぎた辺りから激しい雪が降り始め、長いトンネルに入ると全く車が動かなくなり、3キロほどのトンネルの中に1時間近く閉じ込められる羽目に…
大型トラックに囲まれ薄暗く換気も出来ないし、携帯も圏外のトンネルの中にいるのは精神衛生上も宜しくなくかなり疲れましたね。
 
という事で今夜は、そんな雪の北陸路の風景をご紹介します。
①は、車線をふさいで立ち往生する《大型トレーラー》です。
大型車はもの凄く経費が掛かるという理由で、ほとんどがスタッドレスタイヤを履いていません。
雪がひどくなると駆動輪にチェーンを付けるみたいですが、今日私が見た限りではほとんどの大型トラックは装着せずに走っています。
だからこの様に坂道で一度停まるともう動く事が出来ないんですよね
②は、《完全に1車線になった北陸道》です。
この頃になると除雪が追い付かず、走行車線は完全に雪だまりになっちゃってます。
トラックや事故車が車線を塞いだり、この様に雪で完全に車線が潰れたりして、雪道は大渋滞や立ち往生が起こるんですよね。
③は、雪で押し固められた《パーキングエリアへの誘導路》です。
大きなサービスエリアへの誘導路には除雪車が入りますが、小さなPAは見捨てられた感じで雪が積もるままになっています。
この時もこの雪の誘導路にビビりながらトイレ休憩のつもりで入りましたが、駐車スペースには60センチくらい積もったままです。
だからパーキングエリアに入っても車を停める事が出来ず、みんながそのままただ本線に戻るという感じでしたね
 
今朝は福井を10時過ぎに出ましたが、大津インターを出るまでに5時間半くらい掛かっちゃいました。
そして辿り着いた「琵琶湖ホテル」さんの懇親会には、そんな疲れを吹き飛ばすような豪華なメニューが用意されていました
とにかく一気にビールを流し込んで美味しいメニューに舌鼓を打ちましたので、今日の疲れを癒してくれたウマウマの風景はまた後日ご紹介させて頂きます。
 
そして今日は懇親会に参加したゲストには超格安の宿泊プランがあったので、明日が休みという事もありこちらに泊まらせて頂いています。
実は琵琶湖の湖北にこの時季にたくさんの水鳥が来る水鳥観察公園と言うのがあり、前から一度行ってみたいと思っていました。
明日の湖北も雪に覆われているでしょうから無時に辿り着くかが不安ですが、せっかくのチャンスなのでトライしてみようと思います。
 
サンフード株式会社 代表取締役 山竹順文
<<サンフード株式会社>> 〒661-0046 兵庫県尼崎市常松1丁目6番19号 TEL:06-6432-4457 FAX:06-6431-6319